長崎県

「山本二三展 リターンズ」が神戸で開催 7月16日より


2016年7月11日更新

「天空の城ラピュタ」「火垂るの墓」「時をかける少女」など、数々の名作の
美術監督を務められた日本のアニメーション美術の創造者・山本二三氏
が描いた背景画の数々を展示した作品展が、5年ぶりに神戸で開催され
ます。

山本氏は長崎県五島市のご出身。
これまでの巡回展では、長崎の「大浦天主堂」や「眼鏡橋」などを描いた
作品も展示され、故郷をアピールされています。また、ふるさと五島を描
く「五島百景」にも挑まれており、今回、本県が世界遺産登録を目指す
「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産のひとつ「江上天主堂」
を描かれ初公開されます。

皆さま、ぜひ足をお運びください。

期間

7月16日(土曜日)から9月4日(日曜日)まで
休館日:月曜日(ただし7月18日は開館)、7月19日

場所

神戸ゆかりの美術館(神戸市東灘区向洋町中2丁目9-1)
開館時間:午前10時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

入館料

一般900円(700円)/高大生700円(500円)/小中生400円(200円)
※( )内は前売および20名以上の団体料金

お問合わせ

神戸ゆかりの美術館 電話番号078(858)1520
こちらから神戸ゆかりの美術館のホームページに移動します。

このページの掲載元

  • 大阪事務所
  • 住所:530-0001 大阪市北区梅田1-3-1-800 大阪駅前第1ビル 8F
  • 電話:06-6341-0012
  • ファクシミリ:06-6341-0312
先頭に戻る

メニュー