平戸はあごの一大産地です。「あご」とは「飛魚」のことで、九州や山陰地方ではこの呼び方をされる。由来は諸説様々あるが「あごの落ちるほどうまい」とのことから、料亭等でも使用されるほど上品でしっかりとした出汁がとれる魚です。脂肪分は少なく、保存しておいても脂肪が酸化して味が落ちないので、古くから干物・乾物にして親しまれています。