旧日本海軍時代、母港に寄港する前夜に艦内で振舞われていたと言われており、長い航海の慰労と無事に帰港できたお祝いの意味が込められています。