このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

長崎県ホームページ


ページの先頭へ

ここからこのページの情報です。

ながさきの半島

  • サイトマップ
  • ご意見・ご感想

西彼杵半島の魅力


西彼杵半島の暮らし

※各番号をクリックすると、詳細ページをご覧いただけます。

1.大中尾棚田(MAP D-3
大中尾棚田
【概要】
起源は戦国から江戸時代。先人が200年余の歳月をかけて300枚もの田んぼを耕してきたものです。

撮影場所:長崎市外海地区







2.出漁を送る(MAP E-3
出漁を送る
【概要】
ステンドグラスが美しい教会が有名な旧外海町の黒崎の地。水平線に沈む夕日を背景に出漁する漁船を、岩場に集うカモメといっしょに見送りました。

撮影場所:長崎市 外海黒崎海岸

「ながさきの半島」魅力発見フォトコンテスト応募作品
3.体験ペーロン(MAP I-3
体験ぺー論
【概要】
三百数十年の歴史をもつペーロン競争。6月初めから各地で行われ、7月には長崎ペーロン選手権大会が行われます。息の合ったかいさばきと軽快なドラや太鼓の音が魅力です。

撮影場所:長崎市野母町
交通アクセス:野母バス停から徒歩3分

「ながさきの半島」魅力発見フォトコンテスト応募作品




勝利のラストスパート
勝利のラストスパート
【概要】
お盆の長崎の最後を飾るぺーロン大会。田上長崎市長も来て応援されていた。夏の日差しで青い海と白いしぶき、黄色いシャツが映えていた。

半島名     :西彼杵半島
撮影場所    :長崎市野母町

(ながさきの半島フォトコンテスト入選作品)





スタートダッシュ
スタートダッシュ
【概要】
友達に誘われて野母ぺーロン大会に行った。お祭りの感じではなく、皆真剣で粛々とレースは進められる。赤いシャツは、晴れの海の青と良いコントラストを見せた。仁王のような太鼓打ちの真剣な形相は印象に残った。

半島名     :西彼杵半島
撮影場所    :長崎市野母町

(ながさきの半島フォトコンテスト入選作品)





4.大瀬戸ペーロン大会(MAP C-2
大瀬戸ペーロン大会
【概要】
7月上旬、瀬戸港で開催される大瀬戸ペーロン大会は、夏の風物詩となっています。地区対抗のほか、中学生や職域対抗レースもあり毎年賑わいます。

撮影場所:西海市大瀬戸町
交通アクセス:西海市役所から徒歩5分

「ながさきの半島」魅力発見フォトコンテスト応募作品




5.命名引渡式(MAP B-2
命名引渡式
【概要】
年間30隻近くの大型船が建造される大島造船所。引渡式当日は無料での見学が可能で、お土産までもらえます。

撮影場所:西海市大島町








6.梅雨の合間に(MAP D-3
梅雨の合間に
【概要】
梅雨の合間に大中尾棚田で、女性の人がスケッチをしている風景に出会いました。今日は曇りがちでスケッチにはよかったのではないでしょうか。

半島名     :西彼杵半島
撮影場所    :長崎市神浦下大中尾町
撮影ポイント  :大中尾棚田

(私のまちの魅力発見コンテスト入選作品)




7.せんだんの木(MAP C-4
せんだんの木
【概要】
亀岳小学校にある「せんだんの木」には長い歴史があります。私も父も、そして今は娘が親子三代に渡りこの木の回りをかけまわり、この木に見守られながら成長しました。一度台風により木の一部を欠損しましたが、それにも負けずにまるで子供達の安全を自分が守ろうとするかの様にしっかり立っています。今ではこの木に見守られて育った地域の人達と学校が協力しあってこの木を守ろうと「せんだんの木の歌」を作り「せんだんまつり」を開催しています。また、修繕費用を集めたりするようになりました。地域を愛し愛される「せんだんの木」これからもずっと子供達を見守り続けて欲しいです。

半島名     :西彼杵半島
撮影場所    :西海市西彼町
撮影ポイント  :亀岳小学校

(私のまちの魅力発見コンテスト金賞作品)



8.ゆで干し大根(MAP A-3
ゆで干し大根
【概要】
寒風吹きさらす海岸で、家族が力を合わせてゆでたての大根を乾かす作業に励んでいます。

半島名     :西彼杵半島
撮影場所    :西海市西海町
撮影ポイント  :面高海岸

(ながさきの半島フォトコンテスト入選作品)




寒風の中(MAP A-3
寒風の中
【概要】
海上からの冷たい風を正面から受けてゆで干し大根の作業を力強く行っていた。作業終了間近、細く切ったばかりの大根群を取りほぐす場面を捉える。

半島名     :西彼杵半島
撮影場所    :西海市西海町

(ながさきの半島フォトコンテスト入選作品)









大根干し(MAP A-3
大根干し
【概要】
1月から2月に掛けて、西海市面高地区で、大根を茹で、北西の寒風が通るように作り、乾燥した大根が、強風で飛び散らぬように周囲にも網を張ります。青い囲いの中、大根から出る湯気が、印象的でしたので撮影しました。

半島名     :西彼杵半島
撮影場所    :西海市西海町

(ながさきの半島フォトコンテスト入選作品)









9.煌めく二人(MAP I-4
煌めく二人
【概要】
少し風の強い日に樺島灯台へ行ってみると、ちょうど太陽が波をキラキラと輝かせていました。視線を下げるとカップルが楽しそうに水平線を眺めていました。
樺島灯台は、長崎県野母崎半島の先端にある樺島の南端に立つ白亜の大型灯台です。

半島名     :西彼杵半島
撮影場所    :長崎市野母崎樺島町
撮影ポイント  :樺島灯台
交通アクセス :長崎駅前から車で50分

(ながさきの半島フォトコンテスト入選作品)




10.海に浮かぶ精霊船(MAP C-2
海に浮かぶ精霊船
【概要】
田んぼの廻りを担いで、花火(バクチク)1つしない静かな精霊流し。舟はカヤで作られており、海に浮くようになっています。公民館には全船が集まり、盆踊りも行われます。

半島名     :西彼杵半島
撮影場所    :西海市大瀬戸町

(私のまちの魅力発見コンテスト入選作品)





海を流れる精霊船
海を流れる精霊船
【概要】
爆竹が1つもならず、物静かに送り、海岸には地区の人で見送る人がいっぱいでした。海に映を見て感動しました。

半島名     :西彼杵半島
撮影場所    :西海市大瀬戸町

(ながさきの半島フォトコンテスト入選作品)





11.網場 日曜の昼下がり(MAP I-3
網場 日曜の昼下がり
【概要】
日曜日の昼下がりに野母崎半島を散歩していたところ、漁師さんが網の手入れをしているところにでくわいました。日曜日は漁師さんも休養日で、網の手入れや船の調整をするようです。海と空の青色と網の赤色のコントラストがきれいで思わずシャッターを押しました。これからも長崎の美しい自然を撮ってゆきたいと思います。

半島名     :西彼杵半島
撮影場所    :長崎市野母町

(ながさきの半島フォトコンテスト入選作品)





12.僕のホッとする場所(MAP B-3
僕のホッとする場所
【概要】
日曜日の昼下がりに野母崎半島を散歩していたところ、漁師さんが網の手入れをしているところにでくわいました。日曜日は漁師さんも休養日で、網の手入れや船の調整をするようです。海と空の青色と網の赤色のコントラストがきれいで思わずシャッターを押しました。これからも長崎の美しい自然を撮ってゆきたいと思います。

半島名     :西彼杵半島
撮影場所    :西海市大瀬戸町(柳口バス停)

(ながさきの半島フォトコンテスト地域賞作品)





ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ