閉会中の委員会活動

農水経済委員会

現地調査

委員会名 農水経済委員会
目的 農水経済行政現地調査
日時 平成26年11月17日(月)〜11月20日(木) (4日間)
調査先 北海道
出席委員 委員長 中島浩介、副委員長 宅島寿一、委員 下条ふみまさ、委員 煬ゥ健、委員 松島完、
委員 西川克己、委員 浜口俊幸、委員 清水正明
概要

1.(地独)北海道立総合研究機構(北海道室蘭市)
  (公社)北海道栽培漁業振興公社(北海道伊達市)

 資源が壊滅した「マツカワ」の人工種苗生産技術の開発及び栽培漁業について、調査を行った。

 

2.北海道漁業協同組合連合会(北海道札幌市)
  ぎょれん総合食品梶i北海道函館市)

 水産物の付加価値向上及びホタテの輸出についての取組みについて、調査を行った。



 以上のほか、美唄市農業協同組合における「利雪型貯蔵施設によるブランド化、コスト削減について」、北海道における「自動車産業集積の取組について」、調査を行った。


美唄市農業協同組合
北海道議会(旧道本庁舎)

 

現地調査

委員会名 農水経済委員会
目的 農水経済行政現地調査
日時 平成26年8月4日(月)〜8月5日(火)(2日間)
調査先 雲仙市、南島原市、島原市
出席委員 委員長 中島浩介、副委員長 宅島寿一、委員 織田長、委員 下条ふみまさ、委員 煬ゥ健、
委員 松島完、委員 西川克己、委員 浜口 俊幸、委員 清水正明、委員外議員 前田 哲也
概要

1.橘湾東部漁業協同組合(雲仙市南串山町)

 長崎県の特産品「びわ」の葉などを利用した茶を餌に混ぜた、臭みがなくさっぱりとした、びわ茶雲仙ぶりのブランド化について調査を行った。

 

2.長崎県島原手延そうめん振興会(南島原市有家町)
  島原手延素麺組合連絡協議会(南島原市西有家町) 

 国内販売数の減少に対応するため、ブランド化及び海外への輸出の取組みについて調査を行った。



 以上のほか、雲仙森林組合における「木材の輸出について」、諏訪及び三会原地区土地改良区における「土地改良事業概要等について」、布津町漁業協同組合における「ワカメの養殖及び加工について」、施設キク生産農家の藤澤氏において「キク及びオリーブの栽培について」現地調査を行った。


雲仙森林組合の製材実演
オリーブ栽培の状況

 

トップページへ戻る