閉会中の委員会活動

観光振興等対策特別委員会

現地調査

委員会名 観光振興等対策特別委員会
目的 観光振興対策、IR対策、アジア国際戦略
日時 平成26年8月18日(月)〜21日(木)(4日間)
調査先 シンガポール
出席委員 委員長 外間 雅広、副委員長 徳永 達也、委員 野本 三雄、委員 江口 健、
委員 山田 朋子、委員 清水 正明、委員 ごうまなみ、委員 宅島 寿一
概要

1.CRA(カジノ規制庁)、NCPG(賭博依存症国家評議会)

 国の行政権限によるカジノ事業者に対する規制や、賭博依存症に関する調査研究等について説明を受けたのち、意見交換を行った。 


2.伊勢丹 スコッツ店

 シンガポールにおける日本商品等の市場動向について説明を受けたのち、施設の見学を行った。



3.NAMS(国家依存症管理サービス機構)

 ギャンブル依存症の実態や、治療方法などについて説明を受けたのち、意見交換を行った。



4.リゾートワールドセントーサ、マリーナベイサンズ

 カジノを含む統合型リゾート施設の概要説明を受けたのち、施設の見学を行った。



5.日本観光政府局(JNTO)

 シンガポールにおける、訪日観光動向について説明を受けたのち、意見交換を行った。


カジノ規制庁
リゾートワールドセントーサ
日本観光政府局

 

トップページへ戻る