閉(休)会中の委員会活動

現地調査

委員会名 農水経済委員会
目的 農水経済行政現地調査
日時 平成22年 8月 5日(木)〜6日(金)(2日間)
調査先 長崎市、小値賀町、新上五島町
出席委員 委員長 金澤秀三郎、副委員長 浅田眞澄美、委員 橋本希俊、委員 馬込彰、委員 吉川豊
委員 永淵勝幸、委員 山口壮三、委員 楠大典、委員 小林駿介、委員 山田朋子
概要

1.小値賀町(古民家再生事業)

小値賀町では、アイランドツーリズムの推進により、農漁業と連携した交流人口拡大や本物志向の大人のニーズに対応するため、島内に残る古民家をレストランや島暮らし体験施設として再生するなどの観光まちづくりの取組が進められている。施設の整備状況や今後の事業運営プラン等について調査した。 

2.有限会社橋口水産

新規事業として、クロマグロ養殖を行っているが、「生餌に頼らないマグロ養殖技術の開発」に取り組んでおり、配合飼料による比較飼育試験を実施し、検証が進められている。養殖施設の概要、給餌状況等について調査した。

3.新上五島町EV・ITS実配備促進協議会

電気自動車(EV)配備状況
電気自動車(EV)配備状況

古民家再生状況
古民家再生状況

平成21年11月に協議会を設立、35台の電気自動車(EV)を導入し、観光客用のレンタカー等として活用が図られている。活用状況、充電装置設置状況等について調査した。

以上のほか、亀山社中記念館、小値賀町野崎島、有川町漁業協同組合、ごとう椿苗木生産グループの現地調査を行った。         

トップページへ戻る