県議会条例・規則

長崎県議会議員の定数並びに選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例

(昭和61年8月12日長崎県条例39号)
最終改正 平成21年12月25日長崎県条例第74号

(議員の定数)
第1条 長崎県議会議員の定数は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第90条第1項の規定により、46人と
 する。
(選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数)
第2条 長崎県議会議員の選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数は、公職選挙法(昭和25年法律
 第100号)第15条の規定により、次の表のとおりとする。
選挙区の名称 選挙区の区域 議員数 選挙区の名称 選挙区の区域 議員数
長崎市
佐世保市・北松浦郡
島原市
諫早市
大村市
平戸市
松浦市
対馬市
長崎市
佐世保市及び北松浦郡
島原市
諫早市
大村市
平戸市
松浦市
対馬市
14人
9人
2人
4人
3人
1人
1人
1人
壱岐市
五島市
西海市
雲仙市
南島原市
西彼杵郡
東彼杵郡
南松浦郡
壱岐市
五島市
西海市
雲仙市
南島原市
西彼杵郡
東彼杵郡
南松浦郡
1人
1人
1人
2人
2人
2人
1人
1人
附 則
 

この条例は、平成22年3月31日から施行する。



(施行期日)
1 この条例は、次の一般選挙から施行する。
 (各選挙区において選挙すべき県議会議員の数に関する条例の廃止)
2 各選挙区において選挙すべき県議会議員の数に関する条例(昭和37年長崎県条例第55号)は、
  廃止する。

      (以下附則省略)

トップページへ戻る