長崎県のがん対策サイトは、県民の皆様に、がんに関する正しい知識とお役に立つ情報をわかりやすくお届けするサイトです。

サイト内検索
AND OR
文字サイズ大中

トップページへ
現状と取り組み医療体制がんを知ろう!がん検診がん登録協定企業
  1. HOME
  2. 長崎県のがんの現状と取り組み
長崎県のがんの現状と取り組み
詳細長崎県のがんの現状と、県のがん対策事業をご紹介します。
 ■長崎県のがんの現状 ■長崎県の取り組み ■長崎県がん対策推進条例 ■長崎県がん対策推進計画

長崎県のがんの現状


がんは、全国で昭和56年から、長崎県でも昭和54年から死因の第1位となっており、平成27年の本県の死亡者数16,855人のうち、がん死亡者数は、4,808人(約3人に1人)で、死亡率は全国ワースト10位となっています。


参考 平成27年 がん主要部位別死亡率(人口10万対)、死亡者数
  全がん 胃 肺 大腸 子宮 乳房 肝臓 白血病

長崎県(率)

351.1

37.0

74.6

46.1

11.1

13.1

31.7

11.7

死亡者数

4,808

507

1,021

631

81

180

434

160

順位

10位

29位

3位

12位

9位

3位

6位

3位

全国(率)

295.5

37.2

59.4

39.7

10.0

10.9

23.1

6.9

死亡者数

370,346

46,679

74,378

49,699

6,429

13,705

28,889

8,631

参考 平成26年 がん検診受診率(%)
  胃がん 肺がん 大腸がん 子宮がん 乳がん

長崎県

10.2

20.8

18.3

41.4

28.1

順位

27位

26位

32位

13位

27位

全国(率)

9.3

16.1

19.2

32

26.1


長崎県の取り組み


長崎県では、平成20年3月にがん検診の推進、がん診療連携拠点病院等を中心とした地域連携体制の整備、離島等も含めたがん医療の水準向上などへの取組を内容とした「長崎県がん対策推進計画」を策定しました。
また、同年7月に「長崎県がん対策推進条例」が、県議会全員の提案により可決、成立しました。
この計画及び条例に基づき、様々な事業を展開しています。


H21導入 がん総合デジタル検診車
H21導入 がん総合デジタル検診車
(胃・肺・乳がんの検診が1台の車で可能です)


@がん医療水準の向上

がん診療連携拠点病院(6か所)、県指定がん診療連携推進病院(2か所)、がん診療離島中核病院(4か所)を指定し、離島地域も含め、専門的ながん診療を行うとともに、地域連携体制の構築や医療従事者の研修を実施しています。

Aがんの予防

「健康ながさき21」のなかで、生活改善によるがん予防、特に、公共施設等の禁煙対策や食生活改善などを実施しています。

Bがん検診の普及啓発

「がん検診受診促進企業連携事業」により、企業と連携し、がん検診の受診率向上キャンペーンを実施しています。
また「女性の健康支援事業」「ピンクリボン運動」によって、女性のがんに関する正しい知識の普及を図っています。

Cがん検診の推進

がん検診車を整備していきます。

Dがん検診事業評価及び精度管理の推進

市町が実施するがん検診事業の評価、検診の精度管理を行い、がん検診の質の向上を図っています。

参考サイト:長崎県がん対策情報システム



E緩和ケア・在宅医療

がん医療の緩和ケアは、がんによる心と身体の痛みを和らげ、上手にがんと付き合って行くための方法です。
がんの告知を受けたときのショック、孤独感、人生の意味、死生観、家族や仕事上のつらさ、身体的苦痛などを和らげことを目的とした医療やケアを、治療の初期から行うことで、がん患者やその家族を含めた療養生活の充実を目指します。
県では、がん診療連携拠点病院、県指定がん診療連携推進病院及び医師会等がと協力し、がん診療に携わるすべての医師に対する緩和ケア研修を実施するとともに、在宅緩和ケア従事者等の研修及びネットワークの構築を図っています。

○緩和ケアについての詳細は、独立行政法人国立がん研究センターがん情報センターのホームページをご参照下さい。
独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター
http://ganjoho.jp/public/support/relaxation/palliative_care.html

参考資料:長崎県緩和ケア医師研修会開催状況


長崎県がん対策推進条例


本県のがん医療提供体制の整備を促進するとともに、がんの治療、がんの予防、がん検診による早期発見・早期治療の実現のため、がん対策の基本となる事項を定め、がん対策を県民とともに推進することを目的とし、県議会議員全員の提案による条例として、平成20年7月25日に全国5番目、九州で初めて制定されました。


主な特徴

がん登録の推進、がん検診受診率向上のための施策及び女性特有のがん検診推進を規定しました。

本県議会議員全員の提案によって制定され、議会が県民とともにがん対策に取り組む姿勢を示したものとして意義深いものです。

「長崎県がん対策推進計画」実効性を条例の側面から確保したもとと言えます。


※長崎県がん対策推進条例 


トップページへ
長崎県 福祉保健部 医療政策課 感染症・がん対策班
長崎市江戸町2-13 TEL 095-895-2466