五島灘産の黄金色のマアジは
キュッと身がしまり脂じんわり。
長崎市新三重漁協で水揚げされる「ごんあじ」は、五島灘に生息する瀬付きのマアジで五島灘の「ご」と腹部が黄金色に輝いていることからその名が付けられました。
漁獲された魚は、暴れるため肉質が劣化します。「ごんあじ」はまき網で獲られた後、海上の生簀で1週間程餌を与えずに活かし込みされるので、漁獲時のストレスがなくなり元の健康な状態に回復します。
身脂は全体に回り、牛肉で言う「霜降り」状態になります。この「活かし込み」のひと手間がごんあじを生み出します。