長崎県

水産加工開発指導センター

施設について

水産加工開発指導センター

 建物は鉄筋コンクリート平屋建て延637平方メートルで、ハイテク試験コーナー、ねり製品・冷凍冷蔵試験コーナー、蒸煮試験コーナー、乾燥試験コーナー、包装室の5つのコーナーからなる「加工実験室」と「品質検査室」および「調理実験室」があります。
 また、本館実験棟には加工製品の分析や各種の試験研究を行うための実験室があります。
 業務の内容は、水産物の特徴を活かした加工法、鮮度を保持するための漁獲物処理法、水産加工廃棄物の有効利用法などに関する試験研究を行い、研究成果の普及啓蒙に努めると共に、開かれた水産試験場の施設として、センターの施設や水産加工機器等を開放し、水産加工業者等の新製品の試作や品質改良試験等に対する技術支援を行います。
また、水産加工関係者で構成される水産加工技術研究のための組織作りを行って、情報交換や同業・異業種間、産学官等の共同研究を推進します。

水産加工開発指導センターの外観

水産加工開発指導センター:637.50平方メートル
品質検査室、調理実験室、乾燥試験コーナー、ハイテク試験コーナー、蒸煮試験コーナーなど

施設について

水産加工業の発展をめざして

 水産加工業の発展を目指して、多様化するニーズに対応した水産加工・流通技術の開発・改良を行うとともに、県内加工業者が自主的に行う製品開発、改良等を支援し技術の向上を図っています。

  • 加工科
     水産物の特徴を活かした加工、低未利用資源の有効利用、鮮度保持の技術開発などの試験研究を行っています。
     また、センター施設や機器の開放、加工技術研修会の開催、技術相談、情報提供等を行っています。

鮮度保持の方法低未利用部位の有効利用消費者の声の反映

このページの掲載元

  • 総合水産試験場
  • 住所:長崎県長崎市多以良町1551番4
  • 電話:095-850-6293
  • ファクシミリ:095-850-6324
先頭に戻る

メニュー