長崎県

種苗量産技術開発センター

施設について

種苗量産技術開発センター(飼育実験棟)

 建物は鉄骨スレート造り平家建て延べ2,430平方メートルで、オゾン殺菌による「無菌親魚室」や10トン内外の小型コンクリート水槽24面を配置した魚類飼育スペースと、FRP水槽17面を配置した介類飼育スペースから成り、その他基礎実験のための「魚類実験室」や「介類実験室」、仔稚魚の観察測定を行う「観察測定室」、「機械室」などがあります。

種苗量産技術開発センター(飼育実験棟)の外観

種苗量産技術開発センター(飼育実験棟):2,430.08平方メートル
観察測定室、餌料培養室、魚類(介類)実験室、無菌親魚室、飼育水槽など

 

種苗量産技術開発センター(種苗量産棟)

 建物は鉄骨スレート造り平家建て延べ3,720平方メートルで、50から100トン内外の大型水槽やワムシの高密度培養自動給餌システム、水質モニタリングシステム、自動底掃除システムなど各種の省力化システムが備わった魚類飼育スペースと、20トン型巡流水槽や2段式水槽、FRP水槽などを配置した介類飼育スペースから成り、この他に介類の幼生を飼育する「幼生飼育室」、餌料プランクトンの培養を行う「餌料培養室」、仔稚量の観察、測定を行う「観察測定室」、「機械室」などがあります。

種苗量産技術開発センター(種苗量産棟)の外観

種苗量産技術開発センター(種苗量産棟):3,720平方メートル
観察測定室、餌料培養室、幼生飼育室、採卵室、大型飼育水槽など

業務紹介

沿岸漁業や養殖業の発展に 欠かせない種苗づくり

 栽培漁業や養殖漁業を振興するためには、大量の種苗(稚魚や稚貝)が必要になります。
 このセンターでは有用な水産生物の種苗を効率的につくる技術の研究を行っています。

  • 魚類科
     養殖用新魚種として有望なマハタや栽培対象新魚種として期待されるホシガレイ等魚類の種苗生産技術の開発試験を行っています。
     また、その技術を県内の種苗生産機関へ円滑に移管するため、生産技術のマニュアル化や技術指導を行っています。
  • 介藻類科
     増養殖対象種として有望なクマサルボウやトコブシ等貝類の種苗生産技術の開発や増養殖技術の開発試験を行っています。
     また、有用藻類の増殖技術開発や磯焼けの原因究明と藻場回復技術の開発試験等も行っています。

魚類科例、ブリの親魚より採卵、稚魚を経て養殖用種苗の開発介藻(かいそう)類科例、アワビ親貝より採卵、幼生を経て放流用種苗の開発漁業者の要望に沿った開発を行います

このページの掲載元

  • 総合水産試験場
  • 住所:長崎県長崎市多以良町1551番4
  • 電話:095-850-6293
  • ファクシミリ:095-850-6324
先頭に戻る

メニュー