長崎県

アフリカ豚熱(ASF)


2020年10月15日更新
  • ASFはASFウイルスにより起こる豚、いのししの伝染病で、発熱や全身の出血性病変を特徴とする致死率の高い伝染病です。
  • 本病は、ダニが媒介することや、感染畜等との直接的な接触により感染が拡大します。
  • 有効なワクチンや治療法がなく、発生した場合の家畜業界への影響が甚大であることから、家畜伝染病予防法の中で家畜伝染病に指定されています。
  • 現在、国内で発生しているCSF(豚熱)とは全く別の病気であり、これまでに国内での発生はありません。

令和2年10月9日、韓国江原道華川郡でアフリカ豚コレラの発生が確認されました。詳細については、下記および農林水産省のHPをご覧ください。
豚疾病関連情報R2-5(韓国ASF発生)[PDFファイル/10KB]

海外における発生状況等の詳細については農林水産省のホームページをご覧ください(農林水産省 ASF(アフリカ豚熱)について

 

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー