長崎県

インターネット上での肥料の販売について


2020年7月15日更新

 インターネットオークションやフリマアプリにおいて、肥料取締法で定める届出や表示をせずに肥料(特殊肥料の草木灰に該当するもの及び市販の化学肥料を小分けしたもの等)を生産・販売した行為は法律違反となります。

 たとえ個人であっても肥料を繰り返して販売する場合は「販売業者」に該当します。インターネットオークション等を通じて個人間で取引する場合でも、肥料を繰り返して販売する場合は「販売業者」に該当する可能性があります。

 肥料を繰り返して販売する場合は、必ず都道府県知事に販売業者の届出を行ってください。販売業者の届出に関する手続については、事業場(個人で行う場合は自宅)の所在地を管轄する都道府県の肥料取締担当部署にお問い合わせください。長崎県へ届出を行う場合は、長崎県農林部農業経営課環境班(直通:095-895-2933)宛に書類の提出をお願いいたします。

 なお、自ら生産した肥料を販売する場合は、販売業者の届出だけでなく、生産業者としての届出(堆肥などの特殊肥料又は指定配合肥料に該当する場合)又は当該肥料の登録(指定配合肥料を除く普通肥料に該当する場合)が必要です。

詳しくは、下記サイトをご覧ください。

<肥料販売等に関する注意喚起サイト(農林水産省HP)>

このページの掲載元

  • 農業経営課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2931
  • ファクシミリ:095-895-2591
先頭に戻る

メニュー