長崎県

機械技術科の訓練内容紹介


2019年5月24日更新

 写真(平成30年度機械)  

課程・定員

1年課程(20名)

訓練内容

飛行機や自動車、スマートフォンの部品など、身のまわりにある製品の多くは、金属の部品によって造られています。当科では、部品を削り出すために必要不可欠な製図・測定・材料などの基本的な知識に加え、手動操作やコンピュータ制御で動く機械を用いた加工(ものづくり)、2次元CADによる図面作成・3次元CAD/CAM等の高度な切削加工技術を学びます。

魅力1「最新機器の導入!」
マシニングセンタやNC旋盤、3次元プリンタなど、コンピュータを搭載した最新の機械や、手動操作の工作機械を多数整備しており、訓練環境が充実しています。

魅力2「幅広い実習内容!」
製図実習では、2次元CADによる図面の作成、機械工作実習では、手動操作の機械を用いた機械加工の基礎からプログラムによって動く機械を用いた機械加工まで生産現場の実践的な技術を学べます。また、測定実習では、100分の1ミリ以下の精密な測定を、専用の測定機器により測定していきます。

魅力3「県内の優良企業から安定した求人!」
製造業を中心に県内企業から安定した求人があります。近年の就職率は100%です。

カリキュラム

訓練カリキュラム(機械技術科)[PDFファイル/154KB]

取得資格及び受験資格等

  • 床上操作式クレーン運転技能講習修了証
  • 玉掛け技能講習修了証
  • ガス溶接技能講習修了証
  • アーク溶接特別教育修了証
  • 自由研削といし取替等業務特別教育修了証
  • 機械研削といし取替等業務特別教育修了証

 機械技術科の就職実績(50音順)

赤木コーセイ株式会社、岩吉産機工業株式会社、株式会社ウラノ、協和機工株式会社、佐世保重工業株式会社、有限会社秀工社、株式会社湘南サンライズ工業、株式会社新田鉄工所、新生電子株式会社、住商エアバッグ・システムズ株式会社、有限会社竹内マシン、株式会社第一検査工業、長崎キヤノン株式会社、株式会社長崎鋼業所、西九工機有限会社、ハマックス株式会社、株式会社藤沢精工、株式会社富士商工、富士樹脂株式会社、株式会社松永鋳造所、株式会社丸金佐藤造船鉄工所、株式会社丸信機械製作所、有限会社三駒鉄工所、三菱重工業株式会社長崎造船所、その他県内各社等

就職分野

造船関連部門、航空機関連部門、産業用機械製造部門、金型部門、機械設計部門 等

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー