長崎県

建築設計施工科の訓練内容紹介


2019年5月24日更新

 

課程・定員

1年課程(20名)

訓練内容

豊かな生活空間を作り出すスペシャリスト。安らかにくつろげる空間、暮らしていくのに機能的な空間、幸せな家庭を守る空間、そして風雪に耐える丈夫な空間。理想の建物を追求する建築技術者の熱い思いによって、住む人の夢を叶える空間が作られるのです。学科で理論を学び、実技は設計から施工までの建築全般の実務に直に触れ、必要な技術を基礎から確実に身につけます。

魅力1「建築士への近道!」
建築関係で特に大きな位置付けの資格である「2級建築士」「木造建築士」について、当科を修了すると、受験に必要な経験年数が7年から3年に短縮されます。(ただし高等学校卒業者等に限ります。)

魅力2「幅広い訓練!」
設計実習では、手書きによる製図やCAD操作、施工実習では、木工機械の操作から模擬家屋の製作、また測量実習など、建築に関する多くの訓練を実施します。

魅力3「広い分野への就職!」
建築施工、現場管理、設計分野など幅広い分野へ多くの修了生が就職し活躍しています。

カリキュラム

訓練カリキュラム(建築設計施工科)[PDFファイル/139KB]

取得資格及び受験資格等

  • 2級建築士・木造建築士(受験に必要な実務経験7年を3年に短縮。ただし、高等学校卒業者等に限ります。) 
  • 2級建築大工技能士
  • ガス溶接技能講習修了証

※他、希望者は玉掛け技能講習や移動式クレーン技能講習などの資格を取得しています。

建築設計施工科の就職実績(50音順)

株式会社梅村組、永川建設株式会社、株式会社上山建設、有限会社黒田工務店、株式会社小島工作所、株式会社坂元木工工芸、株式会社スタンドハウス、株式会社谷川建設、株式会社富建、株式会社中野ハウジング、有限会社長島建設、株式会社野副建設、有限会社萩原工務店、馬場住宅株式会社、株式会社浜松建設、本田建設株式会社、有限会社祐野工務店、その他県内外各社等

就職分野

建築設計関連部門、建築施工管理関連部門、木造建築施工関連部門、型枠施工関連部門 等

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー