長崎県

公的個人認証サービス

【重要】平成28年1月1日から、公的個人認証サービスの運営主体が都道府県知事から地方公共団体情報システム機構になりました。詳細については、公的個人認証サービスポータルサイトをご確認下さい。
以下に掲載されている情報は、平成27年12月までに発行している電子証明書に係る公的個人認証サービスについてのものですのでご注意願います。

電子申請には、 公的個人認証サービスの電子証明書が必要です

インターネット社会においては、セキュリティ対策が非常に重要です。
電子証明書は、インターネット社会における日常の危険である・成りすまし(相手を特定できない不安)・改ざん(内容が第三者に書き換えられてしまう)などを防ぐ機能を提供するものです。
公的個人認証サービスは、この電子証明書を、住基カードを利用して、安い費用(3年間500円)で提供します。
厳格な本人確認が必要な一部の電子申請手続きにおいては、公的個人認証サービスの電子証明書がない場合は、電子申請ができません。

【おしらせ】
電子証明書の有効期限は3年間です。引き続きご利用いただくためには、更新の手続きが必要です。
 ※電子証明書の有効期間等を確認したい場合は、以下のURLから利用者クライアントソフトをダウンロードし、利用方法を確認して行って下さい。

電子証明書は、お住まいの市町村窓口で発行します。

手続きに必要なもの電子証明書発行

電子申請・届出のイメージ

電子申請の準備

パソコン等の準備利用者クライアントソフトの準備

電子申請等の実施

電子申請ソフト等の設定等電子申請等の開始

電子署名の作成パスワード入力

申請書等の送信行政機関等で受付

このページの掲載元

  • 情報政策課
  • 住所:長崎県長崎市江戸町2番13号
  • 電話:095-895-2230
  • ファクシミリ:095-895-2556
先頭に戻る

メニュー