長崎県

大村市教育の館(旧梶山御殿)


2013年8月8日更新

大村市教育の館((旧梶山御殿)主屋・蔵・門・塀・石垣・生垣・庭園)

おおむらしきょういくのやかた((きゅうかじやまごてん)おもや・くら・もん・へい・いしがき・いけがき・ていえん)

大村市教育の館   ――――――――――――――――――――――
    登録番号:景資第2-129号
   ――――――――――――――――――――――
    登録日:平成22年3月26日
   ――――――――――――――――――――――
    所在地:大村市玖島1丁目17-10
   ――――――――――――――――――――――
    所有者:大村市
   ――――――――――――――――――――――

 

 

 

 


 「大村市教育の館」があるこの屋敷は「梶山御殿」と呼ばれ、江戸時代後期に第10代藩主 大村純昌(すみよし)の時に大村家の別邸として建てられたと言われている。現存する建物は大正4年に築造された木造瓦葺平屋建ての屋敷で、大村公園一帯のシンボル的存在である。


まちなみ一覧表へ  |  建造物一覧表へ  |  樹木一覧表へ  |  地区別一覧表へ

このページの掲載元

  • 都市計画課
  • 住所:長崎市江戸町2番13号
  • 電話:095-894-3031
  • ファクシミリ:095-894-3462
先頭に戻る

メニュー