長崎県

桃渓橋


2019年5月15日更新

ももたにばし

桃渓橋   ――――――――――――――――――――――
    登録番号:景資第2-82号
   ――――――――――――――――――――――
    登録日:平成19年3月16日
   ――――――――――――――――――――――
    所在地:長崎市出来大工町・伊勢町間   
   ――――――――――――――――――――――
    所有者:長崎市
   ――――――――――――――――――――――

 

 

 

 


 延宝7年(1679年)、僧ト意の募財によって架けられた。昭和57年7月の長崎大水害により半壊したが、原型に復元された。

 橋の名前は、河畔に多くの桃の木があったことに由来していると言われている。幅員は約3.5メートルと狭いが、車も通行している。橋と木々と川が印象的な風景を醸し出している。

 長崎市指定有形文化財。


まちなみ一覧表へ  |  建造物一覧表へ  |  樹木一覧表へ  |  地区別一覧表へ

このページの掲載元

  • 都市政策課
  • 住所:長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-894-3031
  • ファクシミリ:095-894-3462
先頭に戻る

メニュー