長崎県

砂防三法に基づく指定区域とは

 砂防三法とは、砂防法(明治30年)、地すべり等防止法(昭和33年)、急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律(昭和44年)を総称して使っている言葉です。(正式名称ではありません)
 砂防三法に基づき指定される区域は、土砂災害(土砂流出、土石流、地すべり、がけ崩れ)を起こす要因区域であり、切土、盛土などの行為が法律に基づき制限されています。
これら指定区域で開発などを行う場合は、県知事の許可が必要となります。

砂防指定地

地すべり防止区域

急傾斜地崩壊危険区域

このページの掲載元

  • 砂防課
  • 住所:長崎県長崎市江戸町2番13号
  • 電話:095-820-4788
  • ファクシミリ:095-824-7175
先頭に戻る

メニュー