長崎県

ダムカード

長崎県は、県が管理する治水ダムとしては日本一となる35基のダムを有しています。

それぞれの場所で洪水に備えたり、生活用水、農業用水を供給したり、縁の下の力持ちとなって地域の皆さんの暮らしを支えています。

こうしたダムへの理解を深めてもらおうと平成26年からダムカードの配布を開始しており、このページでは、ダムカードについてご紹介しています。

ダムカードとは?

  • ダム管理者が発行するカード型パンフレット
  • 国土交通省と独立行政法人水資源機構が、平成19年7月から111ダムで配布を開始
  • ダムに行かないともらえない
  • 原則として1人1枚
  • 統一様式は、カードの大きさや掲載する情報項目がルール化

 記載情報

おもて面はダムの写真、うら面は所在地、貯水池容量、ダムを建設したときの技術などの基本情報から、当該施設や施設周辺などのマニアックな情報を凝縮して掲載しています。

ダムカードに関するお知らせ

プレミアムダムカードの残枚数は、1月11日時点で66枚となっています。

条件を満たすものの未だ取得されていない方はお急ぎください。なお、郵送による申込みも引き続き受け付けておりますが、長崎振興局に届いた時点で配布を終了している場合は、封筒を送り返させていただきますので予めご了承ください。また、一人でも多くの方に「プレミアムダムカード」を通じて本県のダムを知っていただきたいという趣旨から、一人一枚の配布としております。申し込み段階で確認し、既に取得済みの方には配布をお断りしておりますので、合わせてご了承の程よろしくお願いいたします。

このページの掲載元

  • 河川課
  • 住所:長崎市尾上町3-1
  • 電話:095-894-3083
  • ファクシミリ:095-824-7175
先頭に戻る

メニュー