長崎県

ダムの概要

石木ダムは、重力式コンクリートダムで計画されています。

ダムの形式

【重力式コンクリートダム】

重力式コンクリートダムの事例

※県内における同規模の重力式コンクリートダム
萱瀬(かやぜ)ダム[大村市]  

【平面図】

ダム建設予定地付近航空写真 

 

【ダム緒元】

ダム緒元 貯水池容量配分図
河川名 2級河川 川棚川水系石木川   
位置 長崎県 東彼杵郡 川棚町 岩屋郷地先
型式 重力式コンクリートダム
総貯水量 5,480,000m3
有効貯水容量 5,180,000m3
堤高 55.4m
堤頂長 234.0m

EL:海面からの高さのこと。
サーチャージ水位:洪水調節を行う貯水池の最高水位
有効貯水容量:洪水調節容量と利水容量の和
洪水調節容量:洪水時ダムによって一時的に貯留する容量
利水容量:流水の正常な機能を維持するために必要な容量と水道の容量
堆砂容量:100年間にダム貯水池に堆積すると予想される土砂の容量

 

計画高水流量配分図

○ダム

○盛土部

このページの掲載元

  • 石木ダム建設事務所
  • 住所:〒859-3605 長崎県 東彼杵郡 川棚町 百津郷394番地2
  • 電話:0956-82-5109
  • ファクシミリ:0956-83-2944
先頭に戻る

メニュー