長崎県

九州新幹線西九州ルートの全線フル規格化へ向けて

 

 

長崎県は、九州新幹線西九州ルートの全線フル規格による整備を求めています。 

 

 

 

整備方式の検討について

西九州ルートは、フリーゲージトレイン(以下、FGT)の導入を前提として、平成24年6月に認可されました。しかしながら、高速化の進む山陽新幹線への乗り入れが困難であることから、平成30年7月の与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム「九州新幹線(西九州ルート)検討委員会」(以下、与党PT検討委員会)においてFGTの導入が断念されました。

その後、西九州ルートの整備のあり方については、令和元年8月の与党PT検討委員会において、フル規格及びミニ新幹線の整備方式を比較検討した結果、新鳥栖・武雄温泉はフル規格で整備することが適当であるとの基本方針が示され、今後、国土交通省、佐賀県、長崎県、JR九州の関係者間で協議を行い、検討を深めていくこととなります。

 

 

 

長崎県の考え

今後、基本方針で示された、国土交通省、佐賀県、長崎県、JR九州による協議に積極的に参加し、全線フル規格による整備の早期実現に向けて取り組んでまいります。

 

全線フル規格整備の実現に向けた長崎県の主な取組 

平成29年7月28日

 与党PT検討委員会において長崎県及び佐賀県に対するヒアリングを実施

長崎県ヒアリング資料[PDFファイル/803KB]

平成29年11月28日

知事及び沿線市長が国土交通省、財務省、自民党本部及び関係国会議員に対して要望活動を実施

要望書[PDFファイル/703KB]

 平成30年2月22日

 知事、県議会議長、沿線市長、沿線市議長及び経済団体が国土交通省、財務省、自民党本部、関係国会議員に対して要望活動を実施

要望書[PDFファイル/657KB]

平成30年4月27日

 与党PT検討委員会において長崎県に対するヒアリングを実施

ヒアリング資料[PDFファイル/1MB]

 平成30年5月28日

新幹線・鉄道利用促進協議会(事務局:長崎県)等合同総会において決議を採択

決議文[PDFファイル/10KB]

平成30年6月6日

平成30年6月7日

 知事が国土交通省、自民党本部等に対して要望活動を実施

要望文[PDFファイル/591KB]

 平成31年3月27日

 知事、県議会議長及び経済団体が国土交通省、財務省、自民党本部、関係国会議員に対して要望活動を実施

要望書[PDFファイル/268KB]

 平成31年4月9日

 与党PT検討委員会において長崎県に対するヒアリングを実施

ヒアリング資料[PDFファイル/1MB]

 令和元年6月3日

 新幹線・鉄道利用促進協議会(事務局:長崎県)等合同総会において決議を採択

決議文[PDFファイル/100KB]

 令和元年6月12日

令和元年6月13日

 知事が国土交通省、自民党本部等に対して要望活動を実施

要望書[PDFファイル/744KB]

 

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー