長崎県

<結果報告>令和元年度 生物多様性モデル校事業 野鳥の観察会 雲仙小学校


2019年12月27日更新

 

 

 野鳥の観察会 雲仙小学校

日時:令和元年12月16日(月曜日)9時00分から12時00分まで

場所:雲仙小学校 雲仙諏訪の池

参加者数:8

内容

長崎県自然環境課では生物多様性モデル校事業として雲仙市立雲仙小学校において野鳥観察会の支援を行いました。

5・6年生の総合的な学習の時間に、冬に見られる雲仙の野鳥の学習並びに観察会を実施しました。

雲仙諏訪の池ビジターセンターで、この場所で見ることができる野鳥について講師(長崎県野鳥の会 村田氏)から説明

を受け、諏訪の池に場所を移動。諏訪の池周辺でアオサギやカワウの飛び立つ姿を確認し、猛禽のミサゴの力強い飛行

に歓声を上がりました。 鳥のさえずりを頼りに、自然探索路へと移動。時に立ち止まり、双眼鏡で野鳥を確認し、カルガモ、

マガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、コガモ、カイツブリ、オオバン、カワウ、アオサギ、カワセミ、キセキレイ、ミサゴ、ハイタ

カ、メジロ、エナガ、コゲラ、シジュウカラ、ヤマガラ、シロハラ、ツグミ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、カワラヒワ、キジバトと、実に

24種の野鳥を見つけることができました。

最後に教室に移動し、再び講師から野鳥についての詳しい話を聞き、野鳥について知識を深めました。

雲仙小学校は、令和2年の4月からは小浜小学校と統合されます。 本日は雲仙小学校最後の野鳥の観察会となりました

が、生徒さん達も真剣に話しに聞き入り、熱心に野鳥を探すなど、充実した時間となりました。 

本日参加した皆さんが、これからも自然に触れ、自然環境に理解を持ち続け、ご活躍されることを心からお祈りいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 雲仙小学校を出発

雲仙諏訪の池ビジターセンターで説明を受けました

諏訪の池で水辺の鳥を探します

カワウが飛び立つ瞬間です

野鳥探しに集中

場所を変えて探します

ビジターセンターに戻り、観察できた野鳥の確認です

 

※ 長崎県自然環境課では、生物多様性モデル校指定校を募集しています。

 

 

このページの掲載元

  • 自然環境課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2381
  • ファクシミリ:095-895-2569 メールアドレス s16110@pref.nagasaki.lg.jp
先頭に戻る

メニュー