長崎県

ごみの投げ捨て・路上喫煙の禁止地区指定

ごみの投げ捨て等防止重点地区などの指定

平成20年3月に制定した「長崎県未来につながる環境を守り育てる条例」(環境政策課ページへリンクします)に基づき、世界遺産の候補となっている地区や代表的な文化、自然遺産がある地区でのごみの投げ捨てや屋外での喫煙を禁止しました。 また景観保全のため自動販売機設置の事前届出を義務付けました。

指定地区は、県の環境美化指導員等が定期的に巡回監視しているほか、地区の方々のご協力で美化活動が行われています。

環境部は、美化活動を通じて長崎のキリスト教関連資産の世界遺産登録と、観光振興を応援しています。

「ごみ投げ捨て等防止重点地区」

ごみの投げ捨ては県内全域で禁止されていますが、指定地区で違反した場合は2000円の過料が適用されます。

「喫煙禁止地区」

道路や広場などの公共の場所での喫煙が禁止となります。違反した場合は2000円の過料が適用されます。

喫煙禁止地区は道路や広場等の公共の 場所にかぎり、屋内及び公共の場所の 管理者が指定する喫煙場所を除きます。

「自動販売機設置届出地区」

屋外に自動販売機を設置するには、事前届出が必要です。また自動販売機の設置位置、デザイン、色彩などの基準を守らなければなりません。

上記の地区に道路沿線民有地を道路境界から5mの範囲をあわせて指定しています。ただし、他の法律などで規制されている場合は指定を行っていません。

自動販売機設置基準

  1. 自動販売機の位置

    自動販売機は建築物の壁面に密着させるなど、できるだけ建築物と一体的に設置するものとする。 ただし、木製の囲い等により周辺の景観と調和するよう修景を行う場合はこの限りでない。

  2. 自動販売機の意匠

    自動販売機は企業名や商品名等の広告面を極力控えるなど、周辺景観との調和 に配慮するものとする。

  3. 自動販売機の色彩

    自動販売機の外装の色彩は原色を避け、周辺の景観と調和する(淡色系の:文化遺産の場合)色彩とする。 ただし、木製の囲い等により周辺の景観と調和するよう修景を行う場合は この限りでない。4その他、自動販売機の設置方法 複数の自動販売機を設置する場合は、前面を揃えるなど、乱雑にならないよう整然と配置するものとする。 なお、自動販売機に付属する回収容器についても周辺の景観と調和するよう配慮するものとする。

自動販売機設置基準[PDFファイル/10KB]

地区指定の経過

平成20年10月

世界遺産暫定一覧表に掲載された20のキリスト教関連資産を含む17の地区に、県の代表的文化資産である神代小路など5つの文化遺産地区を加え、合計22地区を指定しました。

平成21年3月

石田城跡など5つの文化遺産を追加指定しました。

平成21年4月

「長崎市ごみの散乱の防止及び喫煙の制限に関する条例」が施行されました。県条例と同様の取り組みであるため長崎市の7地区について、県のごみと喫煙にかかる地区指定を廃止しました。(指定地区一覧表の水色部分)

平成21年10月

西海パールシーリゾートなど6つの自然公園地区を追加指定しました。

平成22年4月

原の辻遺跡に一支国博物館などが完成したため、地区指定を拡大しました。


 指定地区の概要[PDFファイル/70KB]

指定地区一覧表[PDFファイル/19KB]

地区指定の区域図

長崎・西彼杵半島地域[PDFファイル/1MB]

佐世保・東彼地域[PDFファイル/443KB]

平戸・松浦・北松地域[PDFファイル/604KB]

島原半島地域[PDFファイル/723KB]

下五島地域[PDFファイル/835KB]

上五島地域[PDFファイル/470KB]

壱岐地域[PDFファイル/1MB]

対馬地域[PDFファイル/356KB]

このページの掲載元

  • 廃棄物対策課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2375
  • ファクシミリ:095-824-4781
先頭に戻る

メニュー