長崎県

【石綿(アスベスト)関係】大気汚染防止法が改正されました


2014年6月9日更新

  石綿の飛散を防止する対策のさらなる強化を図り、人の健康に係る被害を防止するため、大気汚染防止法が改正されました。

主な改正点

〇届出義務者の変更
 特定粉じん排出等作業の実施の届出義務者が、工事の施工者から、工事の発注者又は自主施工者に変更されました。

〇解体等工事の事前調査及び説明の義務付け
 解体等工事の受注者は、石綿使用の有無について事前に調査をし、発注者へ調査結果を書面で説明するとともに、その結果等を解体等工事の場所へ掲示することが義務付けられました。

参考:環境省リーフレット(PDF形式:435KB)

   解体等工事を始める前に(パンフレット)(PDFファイル/2MB)

届出様式

特定粉じん排出等作業実施届出書

届出書様式及び別紙(PDF形式: 18 KB)

届出書様式及び別紙(Word形式: 46 KB)

関連情報

    環境省のホームページに関連マニュアル等が掲載されていますので、ご活用ください。

環境省のホームページ

このページの掲載元

  • 地域環境課
  • 住所:長崎県長崎市江戸町2番13号
  • 電話:095-895-2356
  • ファクシミリ:095-895-2566
先頭に戻る

メニュー