長崎県

事務所紹介

長崎港湾漁港事務所

概要

 長崎港湾漁港事務所は長崎市の中心からやや南西の国分町に位置し、所管する港湾及び漁港の整備事業並びに臨海土地造成事業の実施により、生活の安定及び地域経済の活性化の基盤となる社会資本の整備を推進しています。管轄は、長崎市、長与町、時津町の1市2町です。

 

事業概況

 港湾としては、重要港湾である長崎港、地方港湾である茂木港、脇岬港、高島港、伊王島港、時津港、太田尾港、古里港、小口港、長与港、神ノ浦港、池島港の合計12港があります。漁港としては、特定第3種漁港の長崎漁港(長崎地区と三重地区)及び式見、野母、樺島の各漁港があります。

 

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー