長崎県

樺島漁港(かばしまぎょこう)の紹介


2019年8月23日更新

樺島漁港(かばしまぎょこう)

樺島漁港(平成31年3月撮影)

◎漁港の種類:

第2種漁港

◎漁港の指定:

昭和26年9月7日

◎漁港の概要:

 長崎半島最南端に位置する野母崎樺島町に位置しており、五島灘に面し古くから漁業を基幹産業とする地域です。元来離島でしたが、昭和61年に樺島大橋により結ばれて陸続きとなりました。本漁港は、主に水産業及び水産加工業が盛んに行われており、あぐり網・敷き網及びいりこ製造等の水産加工業が地域経済を支えています。

主な事業内容

◇水産物供給基盤機能保全事業

 水産物供給基盤機能保全事業基本計画書に基づき、臨港道路の補修を実施しました。また、今後とも漁業活動に必要不可欠な水産基盤施設が適切な機能を継続的に発揮していくために、機能保全計画書を立ち上げ、効果的かつ効率的な維持管理・更新等により施設の長寿命化や更新コストの縮減を図ります。

 

臨港道路の補修完了写真(H28完成)

 ◇海岸堤防等老朽化対策事業

  近年の震災等による被災防止の観点から開口部の閉鎖作業の省力化が必要視されているため、既存開口部の廃止(封鎖)や階段化等を施し、安全性の向上を図ります。また、海岸保全施設の老朽状況や適切な維持管理水準の確保により、確実な防護と既存施設のライフサイクルコストの低減を図るため、長寿命化計画を策定し、当該計画に基づく効率的な老朽化対策を推進します。

開口部対策実施済箇所(H27完成)

◇地方創生港整備推進事業

 岸壁において、車両の転落などを防止し安全性を確保するため、車止め設置の整備を行っています。

 

車止め設置の整備状況

このページの掲載元

  • 長崎港湾漁港事務所
  • 住所:長崎県長崎市万才町3番17号
  • 電話:095-822-1257
  • ファクシミリ:095-825-6385
先頭に戻る

メニュー