長崎県

V・ファーレン長崎の支援

長崎県はJリーグに加盟しているV・ファーレン長崎を応援しています!

V・ファーレン長崎について

V・ファーレン長崎は、長崎から初のJリーグ入りを目指して、2005年(平成17年)3月に設立されたチームです。チーム名にあるV・ファーレンの「V」の字は、ポルトガル語で勝利を意味するVITORIA(ヴィトーリア)と オランダ語で平和を意味するVREDA(ブレーダ)の頭文字をとり、それに航海を意味するオランダ語VAREN(ファーレン)と多様性を意味するVARIEDADE(ヴァリアダーデ)を合わせた造語です。日本で最初の国際貿易港である長崎から平和への発信と、県民の夢と希望を乗せ、勝利への航海を意味したチーム名となっております。
V・ファーレン長崎の公式ウェブサイトはこちらをご覧ください。(外部サイトへ移動します)

V・ファーレン長崎の歴史

2005年(平成17年)より九州リーグへ参戦し、2006年(平成18年)には優勝。JFL(日本フットボールリーグ)昇格をかけた全国地域リーグ決勝大会に進んだものの、残念ながら決勝ラウンドで4位に終わり、昇格ができませんでした。
プロの監督を招聘するとともに、プロ選手を増員して挑んだ2008年(平成20年)、九州リーグ2位で挑んだ決勝大会では見事準優勝となり、JFL昇格を果たしました。
JFLでは、2009年(平成21年)に11位(12勝8分14敗)だったものの、2010年(平成22年)には5位(15勝8分11敗)、2011年(平成23年)も5位(17勝11分7敗)と実力をつけ、2012年(平成24年)ついにJFLで優勝(20勝7分5負)し、悲願のJリーグ昇格を決めました。
以後、2013年(平成25年)J2リーグ6位(19勝9分14敗)、2014年(平成26年)J2リーグ14位(12勝16分14敗)、2015年(平成27年)J2リーグ6位(15勝15分12敗)、2016年(平成28年)J2リーグ15位(10勝17分15敗)と推移しています。2017年(平成29年)はJ2リーグ2位(24勝8分10敗)となり、悲願のJ1リーグへの昇格を果たしました。2018年(平成30年)は、初のJ1リーグで健闘しましたが、J1リーグ18位(8勝6分20敗)で、残念ながら1年でのJ2降格となりました。しかし、1年でのJ1復帰を目指しておりますので県民の皆様の熱い応援をお願いします。
今シーズンの試合日程・結果一覧については、以下に記載しております。

これまでの県の支援

長崎にもJリーグチームを作ろうという動きが多方面であり、2004年(平成16年)3月に国見FCと 有明SCが合併し、Jリーグ入りを目指して動き出しました。このチームが、同年の県リーグ1部で優勝、引き続く各県リーグ決勝大会で2位に入り、翌年度からの九州サッカーリーグ昇格を決めたこともあり、1月から県教育庁体育保健課に専任職員を1名配置して、県としてどういう支援ができるかについて他県調査等の実施、検討を進めてきました。
平成17年度には県教育庁体育保健課内に、企画監(課長級)ほか3名をJリーグ担当として 新たに配置し、本格的な支援体制を整備、V・ファーレン長崎の運営母体の法人化や、後援会組織の設立・拡大への支援等を行いました。
2006年(平成18年)4月には、組織改正に伴い知事部局に創設された文化・スポーツ振興部内に県民スポーツ課を新設し、それまで県教育庁体育保健課で所管していた「V・ファーレン長崎のJリーグ支援」業務を移管し、Jリーグ参入業務に特化した職員で平成20年度まで支援活動を行ってきました。
平成21年度からは、職員をV・ファーレン長崎に1名派遣してクラブの地域貢献活動の支援を行い、2011年(平成23年)12月には、県や県内市町で構成する「V・ファーレン長崎自治体支援会議」を立ち上げ、県民みんなで応援する環境づくりをおこなっています。
平成26年度からは、ホームスタジアムであるトランスコスモススタジアム長崎の施設使用料の2分の1減免を行っています。また、県の広報媒体(全世帯広報誌、新聞、ラジオなど)で試合情報の告知などを行っております。2018年(平成30年)は、新県庁舎の1階エントランスで、アウェイゲームのパブリックビューイングを3回実施しました。

V・ファーレン長崎の2019シーズンの試合日程・結果一覧

順位表はJリーグ公式ウェブサイトをご覧ください。(外部サイトへ移動します)

J2リーグ戦 

月日 曜日

キックオフ

結果 対戦相手

会 場

ホーム

入場者

1 2月24日 (日) 14:00 ○1-0  横浜FC トランスコスモススタジアム長崎 11,924 
2 3月2日 (土) 15:05 △0-0 アビスパ福岡 博多の森陸上競技場 -
3 3月9日 (土) 14:00 ×0-1  水戸ホーリーホック トランスコスモススタジアム長崎 6,744 
4 3月17日 (日) 14:00 ×0-2  ヴァンフォーレ甲府 山梨中銀スタジアム - 
5 3月23日 (土) 17:00 ○1-0  愛媛FC ニンジニアスタジアム - 
6 3月30日 (土) 14:00 ×0-1  大宮アルディージャ トランスコスモススタジアム長崎 7,925 
7 4月3日 (水) 19:00 ×0-3  柏レイソル 三協フロンテア柏スタジアム - 
8 4月7日 (日) 14:00 △2-2  レノファ山口FC トランスコスモススタジアム長崎 8,642
9 4月14日 (日) 14:00 ○4-0 FC岐阜 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 - 
10 4月20日 (土) 18:00 ○3-1  栃木SC 栃木県グリーンスタジアム - 
11 4月27日 (土) 14:00 △0-0  鹿児島ユナイテッドFC トランスコスモススタジアム長崎 11,159 
12 5月5日 (日・祝) 15:00 ×1-2 東京ヴェルディ 味の素スタジアム - 
13 5月11日 (土) 14:00 ○3-2 アルビレックス新潟 トランスコスモススタジアム長崎 7,617
14 5月19日 (日) 14:00 ○1-0 ツエーゲン金沢 石川県西部緑地公園陸上競技場 - 
15 5月25日 (土) 14:00 ○1-0  徳島ヴォルティス トランスコスモススタジアム長崎 6,113
16 6月2日 (日) 16:00 ○4-1 ジェフユナイテッド千葉 フクダ電子アリーナ - 
17 6月8日 (土) 14:00 ×2-3 ファジアーノ岡山 トランスコスモススタジアム長崎 6,547 
18 6月16日 (日) 17:00 △2-2  FC町田ゼルビア 町田市立陸上競技場 - 
19 6月22日 (土) 18:00 ×1-2 モンテディオ山形 トランスコスモススタジアム長崎 7,574 
20 6月29日 (土) 18:00

○3-2

FC琉球 トランスコスモススタジアム長崎 6,619 
21 7月7日 (日) 18:00 ×0-1  京都サンガF.C. 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場 -
22 7月13日 (土) 18:00 ×1-2  水戸ホーリーホック Ksデンキスタジアム水戸
23 7月20日 (土) 18:00   ヴァンフォーレ甲府 トランスコスモススタジアム長崎  
24 7月27日 (土) 19:00   鹿児島ユナイテッドFC 白波スタジアム  
25 7月31日 (水) 19:00   愛媛FC トランスコスモススタジアム長崎  
26 8月4日 (日) 18:00   FC岐阜 トランスコスモススタジアム長崎  
27 8月10日 (土) 19:00   FC琉球 タピック県総ひやごんスタジアム  
28 8月17日 (土) 18:00   柏レイソル トランスコスモススタジアム長崎  
29 8月24日 (土) 19:00   レノファ山口FC 維新みらいふスタジアム  
30 8月31日 (土) 18:00   東京ヴェルディ トランスコスモススタジアム長崎  
31 9月7日 (土) 18:00   アビスパ福岡 トランスコスモススタジアム長崎  
32 9月14日 (土) 未定   徳島ヴォルティス 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム  
33 9月21日 (土) 未定   京都サンガF.C. トランスコスモススタジアム長崎  
34 9月28日 (土) 未定   大宮アルディージャ NACK5スタジアム大宮  
35 10月5日 (土) 未定   FC町田ゼルビア トランスコスモススタジアム長崎  
36 10月12日 (土) 未定   ジェフユナイテッド千葉 トランスコスモススタジアム長崎  
37 10月20日 (日) 未定   ファジアーノ岡山 シティライトスタジアム  
38 10月27日 (日) 未定   ツエーゲン金沢 トランスコスモススタジアム長崎  
39 11月3日 (日・祝) 未定   横浜FC ニッパツ三ツ沢球技場  
40 11月10日 (日) 未定   モンテディオ山形 NDソフトスタジアム山形  
41 11月16日 (土) 未定   栃木SC トランスコスモススタジアム長崎  
42 11月24日 (日) 未定   アルビレックス新潟 デンカビッグスワンスタジアム  

YBCルヴァンカップグループステージ

月日 曜日 キックオフ 結果 対戦相手 会場 入場者数
1 3月6日 (水) 19:00 ○2-1 湘南ベルマーレ トランスコスモススタジアム長崎 3,019
2 3月13日 (水) 19:00 △0-0 北海道コンサドーレ札幌 札幌ドーム -
3 4月10日 (水) 19:00 △2-2 横浜F・マリノス ニッパツ三ツ沢球技場 -
4 4月24日 (水) 19:00 ×3-6 北海道コンサドーレ札幌 トランスコスモススタジアム長崎 3,552 
5 5月8日 (水) 19:00 ×0-1 湘南ベルマーレ BMWスタジアム平塚 -
6 5月22日 (水) 19:00 ○3-1 横浜F・マリノス トランスコスモススタジアム長崎  4,014

YBCルヴァンカッププレーオフステージ

月日 曜日 キックオフ 結果 対戦相手 会場 入場者数
1 6月19日 (水) 19:00 ×1-4 ガンバ大阪 トランスコスモススタジアム長崎 6,480
2 6月26日 (水) 19:00 ○2-0 ガンバ大阪 パナソニックスタジアム吹田  

※2戦合計スコアが3-4となり、プレーオフステージ敗退

V・ファーレン長崎後援会について

V・ファーレン長崎後援会は、「地域に根ざしたスポーツ文化を創造し、次代を担う子供たちの夢を育てること」等を目的に活動し、Jリーグへの参入を目指す「V・ファーレン長崎」を県民・企業・行政が三位一体となって物心両面にわたり支援していくことを目的として、2005年(平成17年)5月9日に設立されました。諸事情により2017年より活動を休止していましたが、2018年(平成30年)11月2日から県商工会議所連合会を中心として活動を再開しました。

Jリーグについて

Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)は、日本初のプロサッカーリーグとして、1993年(平成5年)に誕生しました。
Jリーグは、次のような理念を掲げて活動しています。

  1. 日本サッカーの水準向上及びサッカーの普及促進
  2. 豊かなスポーツ文化の振興及び国民の心身の健全な発達への寄与
  3. 国際社会における交流及び親善への貢献

設立当時の参加チームは1リーグ10チームでしたが、現在ではJ1に18チーム、J2 に22チーム、J3に17チームが参加しています。

Jリーグチームの効果について

1993年(平成5年)にJリーグが誕生してこれまでに40のクラブが誕生し、地方都市においてもJクラブが根付いてきました。
Jリーグチームの活躍は、県民に大きな夢や感動を与え、県民の一体感や郷土愛が育まれるとともに、青少年の健全な育成やスポーツ文化の定着にも大きく貢献し、併せて地域経済の活性化にも寄与するものとして期待されます。

このページの掲載元

  • スポーツ振興課
  • 住所:長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2781
  • ファクシミリ:095-824-6300
先頭に戻る

メニュー