長崎県

新図書館整備基本計画


2020年2月3日更新

長崎県教育委員会及び大村市教育委員会において、「県立・大村市立一体型図書館及び郷土資料センター」(仮称)整備基本計画を決定しましたのでお知らせいたします。

「県立・大村市立一体型図書館及び郷土資料センター」(仮称)整備基本計画の概要

整備の基本的な考え方

<県立・大村市立一体型図書館(仮称)>
  • 県立図書館と市立図書館の資料を区別することなく一体的に取り扱い、同一の書架に配架
  • 窓口カウンターは、県市共同で設置し、貸出や返却及びレファレンスなどのサービスを提供
<県立図書館郷土資料センター(仮称)>
  • 長崎歴史文化博物館と連携しながら、長崎学資料を含む郷土資料を収集、提供及び保存
  • 一体型図書館のサテライト機能も担う

目指す図書館像

  • 知の拠点として県民市民を支える図書館
  • 全ての県民市民がサービスを利用できる図書館
  • 県民市民と共に創る図書館
  • 出逢いにあふれる楽しい図書館
  • 未来を創造する礎を築く図書館
  • 郷土(ふるさと)の歴史と文化に親しみ、活用及び振興する図書館

新しい図書館における主なサービスや機能の新設及び拡充

<新たなサービスや機能> 
利用者向けサービスの提供
  • 長崎県に関する映像等資料の収集及び提供
  • インターネット予約による各サービスの実施(取置サービス、県内の市町立図書館での貸出及び返却、自宅等への配送サービス)
  • 自動貸出機、予約資料の受取専用スペースの設置
  • 電子書籍の提供
館内利用環境等の提供
  • 無線LAN環境の整備
  • タブレット端末の貸出
  • 館内案内システムの提供(タブレット端末等に対応)
  • カフェ等交流スペースの提供
市町立図書館の支援等
  • インターネットを利用した遠隔地での同時研修の実施
大村市立図書館独自のサービスや機能
  • 市内の主要な公共施設への返却ボックスの設置
  • 公民館等図書室とのネットワーク整備による資料の貸出及び返却
  • 移動図書館車の運行 
<拡充するサービスや機能> 
利用者向けサービスの提供
  • ビジネス支援、産業支援等の課題解決支援機能の充実
  • 乳幼児コーナー及び児童書コーナーの充実
  • 対面朗読サービス等障害者サービスの充実
  • 中国、韓国などのアジア圏や西欧諸国等の外国文化に関する資料の提供
  • 電子資料の提供
  • データベースの充実
関係機関等と連携したサービスの提供
  • 各種研究機関との連携
  • 長崎歴史文化博物館との連携
  • 大村市立史料館との連携
資料の収集
  • 県立及び市立図書館での資料購入を通じた調整による資料の充実
市町立図書館の支援等
  • 巡回協力車の運行体制の充実(隔週から毎週へ)
  • 県立図書館職員による県内各地での出前研修の実施
  • 司書教諭や学校図書館担当職員(いわゆる「学校司書」)の研修の充実
  • 県立図書館による図書館サービス等に関する調査及び研究の実施

施設概要

<県立・大村市立一体型図書館(仮称)>
  • 整備面積12,000m2程度
  • 収蔵能力約202万冊(開架冊数約25万冊、閉架冊数約177万冊)
<県立図書館郷土資料センター(仮称)>
  • 整備面積2,000m2程度
  • 収蔵能力約37万冊(開架冊数約3万冊、閉架冊数約34万冊)

 詳しい内容は下記のリンク先をご参照ください。

「県立・大村市立一体型図書館及び郷土資料センター」(仮称)整備基本計画(概要版)[PDFファイル/193KB]

「県立・大村市立一体型図書館及び郷土資料センター」(仮称)整備基本計画[PDFファイル/2MB]

<お問い合わせ先>

新県立図書館整備室

電話:(095)894-3367(直通)

 

このページの掲載元

  • 生涯学習課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-894-3362
  • ファクシミリ:095-894-3477
先頭に戻る

メニュー