長崎県

TP5の調査状況について


2020年1月12日更新

 今週は、TP5発掘調査を進めています。

 TP5は奉行所の石垣の外で、町屋があったと思われる場所にあたり、

糸割符宿老会所から長崎奉行所の時代(17世紀初頭から19世紀後半)の

埋蔵文化財の状況を確認することを目的に設定しています。

 TP5では幅約1mほどの大きな土坑が見つかっており、この土坑からは、

江戸時代前期の瓦、伊万里焼、唐津焼、中国の磁器が出土しています。

土坑を埋めている土に微妙な色の違いが見られるため、注意深く観察しながら

掘り下げを行っています。

 来週も引き続きTP5の調査を行う予定です。

TP5の遠景

TP5の遠景

大きな土坑の様子

大きな土坑の様子(掘削面積を最小限に抑えつつ、土坑の状況を確認するために半分だけ掘り下げています)

このページの掲載元

  • 学芸文化課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-894-3382
  • ファクシミリ:095-824-1344
先頭に戻る

メニュー