長崎県

自立支援医療(更生医療)の適否の判定

申請された医療が自立支援医療(更生医療)として適当か医学的に判定します。

更生医療とは

  • 身体障害者手帳をお持ちの方(18歳以上)に対する医療費の給付制度の一つです。
  • 身体に障害のある方に、日常生活能力や職業能力等を回復、もしくは獲得していただくために行う医療です。
  • 更生医療の対象は「永続する障害」そのものであり、疾病や外傷の治療を目的とした一般医療とは一線を画                              するものです。

 医療の範囲(例)

   人工透析、ペースメーカー植込み術、抗HIV療法、肝臓移植術及び移植後の抗免疫療法、

   人工関節置換術、歯科矯正治療、人工内耳 他

 手続き窓口(市町の障害福祉担当課) 

   市町の障害福祉担当課に備付けの「自立支援医療(更生)支給認定申請書」により申請してください。

  • 都道府県知事(指定都市、中核市にあっては市長)指定の医療機関で治療を受ける場合のみ利用できます。
  • 費用:自己負担については、原則として医療費の1割負担です。                                                                                                                                              ただし、世帯の所得水準等に応じて、ひと月あたりの負担に上限額を設定しています。
  • 18歳未満の児童には、自立支援医療(育成医療)があります。

 詳細については、各市町窓口にお問い合わせください。  

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー