長崎県

  • 色合い
  • 白
  • 黒
  • 青
  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

心身障害者扶養共済制度


2013年7月26日更新

心身障害者の保護者の相互扶助の精神に基づき、保護者死亡後の心身障害者に年金を支給する制度です。

●加入資格

心身に障害のある人の保護者で、県内に居住し、特別の疾病または障害をもっていない65歳未満の者。

●心身に障害のある人とは

(1) 知的障害のある人(児童)

(2) 身体障害のある人(児童) 1から3級

(3) (1)、(2)と同程度と認められる者(精神疾患)

●掛金額(平成20年度以降加入の場合)

 掛金は保護者の加入時の年齢によって、1口月額9,300円から23,300円までで、1人2口まで加入できます。

●年金

 保護者が死亡又は重度障害になったときは、障害のある人に1口につき、月額1万円支給されます。

●弔慰金

 障害のある人が保護者より先に死亡したときは、加入期間に応じて次の弔慰金が支給されます。(1口加入の場合)

加入期間 平成20年3月31日以前の加入者 平成20年4月1日以降の加入者
1年以上5年未満 30,000円 75,000円
5年以上20年未満 75,000円 125,000円
20年以上 150,000円 500,000円

 

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー