長崎県

福祉のまちづくり

長崎県福祉のまちづくり条例

平成9年3月21日に制定し、平成10年4月1日から全面施行しています。

 「ノーマライゼーション」と「バリアフリー」の基本理念のもと、高齢者・障害者等の行動を妨げている障壁(=バリア)を取り除き、すべての人が自らの意思で自由に行動・活動し、快適に暮らすことができるバリアフリーの地域社会を実現することを趣旨としています。

条例及び施行規則につきましては、下記をご覧ください。

長崎県福祉のまちづくり条例(平成9年3月21日長崎県条例第9号)[PDFファイル/151KB]

長崎県福祉のまちづくり条例施行規則(平成9年8月12日長崎県規則第36号)[PDFファイル/236KB]

リンク集

【内閣府】インターネットによるバリアフリー化に関する意識調査報告書

【国土交通省九州運輸局】バリアフリー対策

長崎県福祉のまちづくり条例に基づく手続き等

長崎県福祉のまちづくり推進協議会

長崎県パーキング・パーミット制度

ユニバーサルデザイン

ロービジョン対策

福祉読本「ちきゅうのなかま」

このページの掲載元

  • 福祉保健課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2410
  • ファクシミリ:095-895-2570
先頭に戻る

メニュー