長崎県

放課後児童クラブ

放課後児童クラブとは、共働き家庭など留守家庭の小学校に就学している児童に対して、学校の余裕教室や児童館、公民館などで、放課後等に適切な遊び、生活の場を与えて、その健全育成を図る事業です。(児童福祉法第6条の3の2)

施設一覧

放課後児童クラブ一覧 令和2年5月1日現在[PDFファイル/129KB]

放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準

児童福祉法第34条の8の2に基づき、厚生労働省令で定める基準を参酌して(従事する者及びその員数は従い定める)、各市町村が条例で定める。(最低基準)

 放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準(平成27年4月30日厚生労働省令第63号)[PDFファイル/229KB]

放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準について(厚生労働省雇用均等・児童家庭局長通知)[PDFファイル/173KB]

「放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準について」の留意事項について(厚生労働省雇用均等・児童家庭局育成環境課長通知)[PDFファイル/63KB]

 放課後児童クラブ運営指針(平成27年3月31日厚生労働省策定)

放課後児童クラブの運営実態の多様性を踏まえ、「最低基準」としてではなく、望ましい方向に導いていくための「全国的な標準仕様」となるもの。育成支援の基本的な考え方、児童期の発達過程を踏まえた支援の配慮すべき事項、障害のある子どもや特に配慮を必要とする子どもの具体的な受け入れに当たっての考え方や留意すべき点、運営主体が留意すべき点として人権への配慮、個人情報や守秘義務の遵守、事業の向上に関することなどが記載されています。

放課後児童クラブ運営指針の策定(外部サイト厚生労働省報道発表資料へ)

放課後児童健全育成事業実施要綱(平成30年7月31日付け厚生労働省子ども家庭局長通知)

「放課後児童健全育成事業」の実施について[PDFファイル/257KB]

子ども・子育て支援交付金交付要綱(平成30年8月10日付け内閣総理大臣通知)

子ども・子育て支援交付金の交付について[PDFファイル/931KB]

事業の届出について

事業を開始するときはあらかじめ市町村長に対して届出が必要です。また、届出事項に変更がある場合や、事業を廃止・休止する場合にも届出が必要となります。

放課後児童健全育成事業の届出について(平成27年3月13日付け厚生労働省雇用均等・児童家庭局育成環境課長通知)[PDFファイル/1MB]

放課後児童クラブにおける事故の報告等について

放課後児童クラブにおいて、死亡事故や治療に要する期間が30日以上の負傷や疾病など重篤な事故があった場合は、厚生労働省に対して所定の様式により報告が必要となります。報告のルートは事業者⇒市町⇒県⇒厚生労働省となります。また併せて市町村は消費者庁安全課に対しても消費者安全法に基づく報告を行う必要があります。

特定教育・保育施設等における事故の報告等について[PDFファイル/185KB]

放課後児童クラブ事故報告様式[Excelファイル/28KB]

(様式記載例)放課後児童クラブ事故報告[PDFファイル/336KB]

放課後児童支援員認定資格研修修了証の再発行、認定者名簿記載事項変更について

放課後児童支援員に認定された者で、以下の事由に該当する者は速やかに申請書に関係書類を添えて、長崎県こども未来課へ提出してください。

このページの掲載元

  • こども未来課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2681
  • ファクシミリ:095-895-2554
先頭に戻る

メニュー