長崎県

給食施設

 ○給食施設とは

特定かつ多数の人に対して継続的に1日20食以上または1日50食以上の食事を提供する施設のことです。特に1回100食以上または1日250食以上を提供する施設を特定給食施設と言います。(健康増進法第20条、長崎県健康増進法施行細則第7条)

 

○必要な届出

給食施設の設置者は次の場合は1ヶ月以内に所轄の保健所への届出が必要です。

・    給食を開始または再開する場合(様式2号)[PDFファイル/324KB] 

・ 届出項目に変更がある場合  (様式3号)[PDFファイル/331KB] 

・ 給食を休止または廃止する場合(様式4号)[PDFファイル/233KB]

 

○必要な報告

 給食施設の設置者または管理者は、毎年11月の施設状況を次の報告書により提出する必要があります。

(12月15日締め切り)

・  栄養管理報告書 (様式1号)[PDFファイル/536KB] 

 

○書き方

・学校、児童福祉施設、寄宿舎(児童・生徒)用※認定こども園もここに入ります[PDFファイル/1MB]

・病院、診療所、介護老人保健施設、老人福祉施設、その他高齢者施設、社会福祉施設[PDFファイル/1MB] 

 ・事業所、寄宿舎(成人)用[PDFファイル/1MB] 

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー