長崎県

性感染症・エイズ対策

エイズ・性感染症、B型及びC型肝炎に関する相談・検査

保健所では、電話や面接による相談や検査を行っています。相談や検査は無料・匿名で受けることが出来ますので、感染の不安・心配がある方は1人で悩まず安心してご相談ください。

○来所相談○ 

月曜日から金曜日(9時から17時)

○検査○  

〔検査項目〕

  • HIV(エイズ)抗体検査
  • クラミジア抗体検査
  • 梅毒抗体検査
  • HBs抗原検査
  • HCV抗体検査

〔検査方法〕

採血して血液検査をします。

〔実施日〕

月曜日から金曜日

〔実施時間〕

  • 通常検査:10時から16時30分(水曜日は15時30分まで)
  • 夜間検査(毎週第4月曜日):16時30分から19時

〔料金〕

無料

〔予約〕

要予約(前日まで)

※祝祭日は除きます。

※相談・検査の予約は17時30分までにお電話ください。

 

エイズ(後天性免疫不全症候群)とは

エイズはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染することで発症します。HIVに感染しても、すぐにエイズを発症するわけではなく、自覚症状がないまま数年が経過する間に免疫力が低下し、やがてカンジダ症やニューモシスティス肺炎などの日和見感染症と呼ばれる本来なら自分の力で抑えることができる病気を発症するようになります。

 HIVの感染経路

  1. 性行為による感染
  2. 血液を介しての感染
  3. 母子感染

HIV感染症の治療薬・治療法は飛躍的に進歩し、エイズの発症を予防したり遅らせたりすることができるようになりました。また、エイズを発症しても治療で免疫力を高めることが可能です。

そのため、早期発見・早期治療が重要となります。

その他の性感染症(クラミジア、梅毒)について

全国で最も多い性感染症は性器クラミジア感染症です。若年層の女性に多くみられ、子宮外妊娠、不妊、流早産の誘因にもなります。

また、全国的に梅毒が急増しています。原因は梅毒トレポネーマという病原菌で、感染すると全身に様々な症状が出ます。早期の薬物治療で完治が可能です。検査や治療が遅れたり、治療せずに放置したりすると、長期間の経過で脳や心臓に重大な合併症を起こすことがあります。

感染をしていても無症状のことも多く、知らないうちに人にうつしてしまったり、うつされてしまう場合があります。感染を知るためにも、検査を受けることが大切です。

 

エイズに関して詳しい情報が必要なとき

API-NETエイズ予防情報ネット(外部ホームページへ移動します)をご覧ください。

 エイズに関する統計・資料・基礎知識などの情報サイトです。

 

このページの掲載元

  • 西彼保健所 地域保健課
  • 住所:長崎市滑石1丁目9番5号
  • 電話: 【健康対策班】095-856-5059 【保健福祉班】095-856-5159
  • ファクシミリ:095-857-6663
先頭に戻る

メニュー