長崎県

長崎県はインフルエンザの流行期に入りました!


2017年11月10日更新

本日(11月10日)、感染症発生動向調査 2017年第44週(10月30日から11月5日まで)の定点あたりの患者報告数(定点値)が「1.89」となり、流行期入りの目安「1」を上回ったことから、長崎県は流行期入りしたことを発表しました。例年よりも1か月ほど早い流行期入りです。県央地区の第44週の定点あたりの患者報告数は「0.10」と少ない状況ですが、今後、患者が増加し流行が予想されますので、手洗いや咳エチケットなど基本的な予防対策の徹底と早期受診に心がけてください。

長崎県 インフルエンザの流行期入り[PDFファイル/335KB]

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー