長崎県

感染症発生動向調査

新着情報

 
  • 一から五類感染症について一元的に発生情報を収集、分析し、提供、公開を行うことにより、感染症の発生予防、蔓延防止及び適切な医療の提供促進を図ります。

感染症発生状況

 

平成27年度

平成26年度

1類感染症

 報告はありません         報告ありません

2類感染症

 結核37件    結核44件

3類感染症

 腸管出血性大腸菌4件

 腸管出血性大腸菌11件

4類感染症

 レジオネラ2件、つつが虫病1件、重症熱性血小板減少症候群1件

 つつが虫病2件、レジオネラ症2件、 A型肝炎3件

5類感染症

  アメーバ赤痢1件、麻しん3件

 ウイルス性肝炎1件

○県南保健所管内(島原市、雲仙市、南島原市)には、インフルエンザ定点8か所、小児科定点5か所

 眼科定点1か所、基幹定点1か所及び性感染症定点1か所の医療機関があります。

感染症発生動向調査

 

  • 届出等様式は厚生労働省  (腸管出血大腸菌は15ページ)

  •  PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。 Adobe Readerは無料で配布されていますので、上記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー