長崎県

ダニ媒介感染症の予防


2019年5月20日更新

ダニ媒介感染症

ダニ媒介感染症とは、草むらや藪などに生息しているマダニ類やツツガムシ類に咬まれることによって起こる感染症のことです。
農作業やレジャー等、屋外活動中にマダニやツツガムシに咬まれることがありますが、これらのダニは病原体を保有していることがあり、咬まれると日本紅斑熱、つつが虫病、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)などの感染症を発症することがあります。これらの病気の予防のためにも野外でのダニ対策が重要です。
上五島保健所管内において、今年度初めて重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の発生報告がありました。また、昨年度は管内において、日本紅斑熱が5件、つつが虫病が1件発生しており、県内でも発生が多い状況です。

日本紅斑熱

日本紅斑熱は、マダニによって媒介される感染症です。発生地域は西日本に多く春先から秋に発生します。2日から8日の潜伏期を経て、頭痛、発熱、倦怠感を伴い発症します。発疹は米粒大から小豆大の紅斑として、手足、掌、顔面等に出現します。予防のためのワクチンは開発されていないため、ダニに咬まれないことが重要です。咬まれた場合は、医療機関を受診し、ダニの口部分を除去し、抗生物質の服薬等によって治療します。

つつが虫病

つつが虫病は、ダニの一種であるツツガムシにより媒介される感染症です。ツツガムシは雑木林や草むらに生息しています。典型例では、5日から14日の潜伏期後、39度以上の高熱を発し、体幹部を中心に発疹が現れ、倦怠感、頭痛、刺し口近傍のリンパ節炎を生じます。治療は抗生物質の服薬等によって治療します。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

重症熱性血小板減少症候群は、2009年になってその存在が知られるようになったダニ媒介性の新しい感染症です。SFTSウイルスを保有するマダニに咬まれることで感染します。潜伏期間は6日から2週間で、主な症状は発熱、消化器症状で重症化して死亡することもあります。近年、SFTSを発症したネコ及びイヌの症例が確認されており、これらの動物の血液や糞便からSFTSウイルスが検出されています。SFTS以外の感染症に対する予防の観点からも、動物を飼育している場合は過剰な触れ合いを控え、動物由来の感染にも注意してください。

ダニ媒介感染症の発生件数

ダニ媒介感染症の発生件数(全国、長崎県2013年から2019年)

2019年は第20週(5月13日から5月19日)まで

2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
全国/長崎 全国 長崎 全国 長崎 全国 長崎 全国 長崎 全国 長崎 全国 長崎 全国 長崎
日本紅斑熱 175 2 240 13 213 13 276 8 337 20 305 19 27 1
つつが虫病 344 7 317 5 419 3 505 12 447 8 455 8 51 0
SFTS 48 5 61 2 60 2 60 2 90 11 77 4 22 3

 

 

 

 

ダニ媒介感染症の発生件数(上五島保健所2008年から2019年まで)

2019年は第20週(5月13日から5月19日)まで

ダニ媒介感染症の発生件数グラフ(上五島保健所)[PDFファイル/194KB]

2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
日本紅斑熱 1 1 0 1 1 0 0 0 0 2 5 0
つつが虫病 0 0 0 0 3 0 1 0 0 0 1 0
SFTS - - - - - 0 0 0 0 0 0 1
1 1 0 1 4 0 1 0 0 2 6 1

ダニ媒介感染症の発生時期(上五島保健所)

上五島保健所管内で発生したダニ媒介感染症を発病時期で集計した結果になります。 (2008年から2019年まで)

2019年は第20週(5月13日から5月19日)まで

ダニ媒介感染症の発生時期グラフ(上五島保健所)[PDFファイル/198KB]

予防対策

ダニに咬まれないようにすることが重要です。特にダニの活動が盛んな春から秋にかけて注意しましょう。ダニに咬まれていても、痛みや痒みがあまりなく、気づかないことが多いようです。

  • 雑木林や草むらなど、ダニが多く生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴を着用し、肌の露出を少なくしましょう。(水分を補給して熱中症にも気をつけましょう)
  • 防虫スプレーを使用しましょう。
  • 屋外活動後は、入浴するか身体や服をはたきましょう。
  • 屋外活動後はダニに咬まれていないか確認しましょう。
  • 吸血中のマダニを見つけた場合は、できるだけ医療機関で処置しましょう。
  • ダニに咬まれた後は、数週間程度は体調の変化に注意し、発熱等の症状が認められた場合は、医療機関を受診しましょう。(受診の際にダニに咬まれたことを伝えましょう。)

ダニ媒介感染症予防リーフレット

長崎県予防啓発リーフレット「ダニからうつる病気の予防」[PDFファイル/3MB]

厚生労働省「マダニ対策、今できること」[PDFファイル/999KB]

その他(リンク集)

 ダニ媒介感染症の予防(長崎県ホームページ)

ダニ媒介感染症(厚生労働省ホームページ 外部サイトへ移動します)

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー