長崎県

母子・父子自立支援プログラム策定事業


2018年8月15日更新

母子・父子自立支援プログラム策定事業とは

 福祉事務所に自立支援プログラム策定員(自治体によっては母子・父子自立支援員が兼務している場合もあります。)を配置し、自立意欲のある児童扶養手当受給者に対し、個別に面接を実施し、本人の生活状況、就業への意欲、資格取得への取組等について状況把握を行い、個々のケースに応じた自立支援プログラムを策定し、長崎県ひとり親家庭等自立促進センター(YELLながさき)やハローワーク(生活保護受給者等就労自立促進事業への移行)等の関係機関と連携し、継続的な自立・就労支援を行います。

支援を受けられる方

 児童扶養手当受給者

問い合わせ先

 お住まいの市福祉事務所の相談窓口(自立支援プログラム策定員又は母子・父子自立支援員)へご相談ください。
 町(長与町、時津町、東彼杵町、川棚町、波佐見町、佐々町、新上五島町)にお住まいの方は、県の福祉事務所の相談窓口へご相談ください。
 お住まいの福祉事務所の相談窓口の連絡先は下の「各福祉事務所の連絡先一覧表」をクリックしてご覧ください。
 各福祉事務所等の連絡先一覧表[PDFファイル/10KB]

このページの掲載元

  • こども家庭課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2442
  • ファクシミリ:095-825-6470
先頭に戻る

メニュー