長崎県

ひとり親家庭等日常生活支援事業


2015年10月23日更新

ひとり親家庭等日常生活支援事業とは(概要)

母子家庭、寡婦または父子家庭の人が、就職活動や技能習得のための通学、疾病等のために、一時的に家庭支援などのサービスが必要なとき、家庭生活支援員を派遣して、育児や身の回りのお世話を行い、母子家庭、寡婦または父子家庭の福祉の増進を図ります。

派遣対象

自立促進に必要な事由(技能習得のための通学、就職活動等)又は社会的事由(疾病、出産、看護、事故、災害、冠婚葬祭、失踪、残業、転勤、出張及び学校等の公的行事への参加等)により、一時的に介護、保育等のサービスが必要な母子家庭、寡婦、父子家庭を対象としています。 

サービスの種類及び内容

 サービスの種類は、生活支援と子育て支援の2種類です。

生活援助:家事、介護その他の日常生活のサービス

子育て支援:保育サービス及びこれに付帯するもの

費用

 費用は所得に応じて負担金があります。

利用世帯の区分 利用者の負担額(1時間当たり)
子育て支援 生活支援
生活保護世帯または市町村民税非課税世帯 0円 0円
児童扶養手当支給水準の世帯※ 70円 150円
上記以外の世帯 150円 300円

※児童扶養手当支給水準の世帯

扶養親族が0人の場合で、1,920千円。

扶養親族が1人増える毎に380千円追加。 

申込み窓口

各市町役場※未実施の市町があるので事前に確認をしてください。

このページの掲載元

  • こども家庭課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2442
  • ファクシミリ:095-825-6470
先頭に戻る

メニュー