長崎県

新・鳴滝塾構想

医療人材対策室イメージ画像

 近年、医師不足が全国的な課題となっていますが、現在の研修制度の開始により、研修医が自由に研修先を選択することが可能となったため、大都市部に研修医が集中したことが地方の医師が不足する一因になったといわれています。

 本県においても医師の地域や診療科の偏在が課題となっており、その解決のため、平成22年度において新たに「新・鳴滝塾構想推進事業」により、研修医の確保に取り組むこととし、その推進組織として、県内の基幹型臨床研修病院と県による「長崎県医師臨床研修協議会(新・鳴滝塾)」が設立されました。

 「新・鳴滝塾」では、研修医にとって魅力的な研修プログラムを検討するほか、県と病院が一体となって医師募集の合同説明会や県外での募集活動を実施するなど、臨床研修医や若手医師の確保などに取り組んでいます。

新・鳴滝塾(長崎県医師臨床研修協議会)とは

新・鳴滝塾構想事業

このページの掲載元

  • 医療人材対策室
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2421
  • ファクシミリ:095-895-2573
先頭に戻る

メニュー