長崎県

がん対策の体制

 長崎県のがん対策における体制

 長崎県のがん対策は、医療等に関することについては、「長崎県がん診療連携協議会」(県拠点病院の長崎大学病院に事務局を設置)等の意見を参考にしながら、がん全般については、長崎県保健医療対策協議会「がん対策部会」において、対策の基本的な方向を決定していくこととしています。
 がん診療連携協議会及びがん対策部会と県の三者が密接な連携を図りつつ、がん対策を推進していきます。

 がん診療連携拠点病院等を中心とした地域連携体制

 本県には、県内8医療圏域のうち、4医療圏に6箇所(長崎3、佐世保県北1、県央1、県南1)のがん診療連携拠点病院と2医療圏に2箇所(佐世保県北1、県央1)のそれに準ずる病院(長崎県指定がん診療連携推進病院)が整備されています。
 県拠点病院であります長崎大学病院は、拠点病院の役割に加え、地域拠点病院において専門的ながん医療を行う医師・薬剤師・看護師等に対する研修や症例相談、診療支援等を行うとともに、「長崎県がん診療連携協議会」を設置し、県全体の研修会の計画や拠点病院間の調整・連携を図っています。

このページの掲載元

  • 医療政策課
  • 住所:長崎市江戸町2番13号
  • 電話:095-824-1111
  • ファクシミリ:095-895-2573
先頭に戻る

メニュー