長崎県

整形外科

整形外科の紹介 

整形外科では主に出生直後から思春期までの四肢、脊柱の筋、骨格などの運動器、姿勢に関与する疾患を治療します。診療だけでなく、ご家族がご理解いたただけるような丁寧な説明を心がけております。また、早期発見早期治療はもちろん、教育など生活面でのサポートも大切ですので長崎県全体でのネットワークの構築も重視しております。以下に具体的な診療内容を記載いたしますが、ご家族はもちろん地域の医療関係者の皆様におかれましてもお気軽にご相談ください。

整形外科で治療をおこなっている代表的疾患

発達遅延、発達障害

幼児期での発育が正常に行われているか否かの判断は専門医でも困難な事が少なくありません。個人差の存在と、本人からの訴えがない事が最も大きな理由です。従って、医師による診察、経過観察に加え、理学療法士による育児指導も実践しています。必要に応じてMRIなどの検査も行っていきます。発育遅延の原因が確定した時点で、治療に移行します。また、精神発達に関しては小児科常勤医が7名在籍しており、必要に応じて院内での紹介を整形外科から行っています。

脳性麻痺

出生時に未熟児、低体重などが誘引となった脳の病変が麻痺を引き起こす疾患です。

整形外科的治療に加え、自宅での生活指導、公的援助の申請など包括的な診療体制で治療にあたります。整形外科医のみならず、理学療法士、義肢装具士、社会福祉士が積極的に関わっていきます。

1, ボトックス

2歳以上で使用可能です。緊張した筋肉に一時的にボツリヌス毒を注入することで、緊張を和らげ、理学療法を併用することで、歩行の安定化を図ります。初回の注射に関しては入院をしていただいています。

2, 装具療法

整形外科医の処方により、専門の義肢装具士による作成が行われます。日に日に発育してゆく子ども達に適切な形状、サイズの装具を作成するために、ほとんどがオーダーメイドで、慎重に型取りが行われます。従って、完成までに通常1週間を要します。

3, 外科的治療

ボトックス治療を行っても、十分な効果が得られない場合、装具で対応できないほどの強い筋緊張が継続する場合は、手術が検討されます。筋力を出来るだけ落とさずに、緊張を軽減する目的で、緊張筋の腱様組織のみを選択的に切離する手術が全身麻酔下に行われます。術後2週間程度のギプス固定の後、装具を装着します。

二分脊椎

出生時点での脊髄の損傷が原因で麻痺が発生している病態です。まず、診察にて、麻痺の程度を評価します。その後、車椅子移動、杖歩行、装具装着での独立歩行など、個々に目標を設定します。残った筋力で可能な最大限の活動を日常生活で発揮できるために治療を行います。目標の日常生活に支障が生じる下肢の変形、関節の脱臼に対しては脳性麻痺同様、外科的治療が選択されます。

先天性股関節脱臼

外傷などによらない乳児期の股関節脱臼を指します。開排制限、脚長差、大腿皮溝の左右差を生じることが多いため、3-4ヶ月乳児健診にて該当する項目があれば、整形外科へ紹介となります。当院ではエコー検査をおこなって脱臼の有無を確認しています。脱臼が明らかな場合は月齢により以下の治療が実施されます。

生後3-6ヶ月 リーメンビューゲル装具を装着し、外来通院治療

生後7-12ヶ月 入院しての牽引治療

難治例に関しては手術療法を行うことがありますが、当院では可能な限り、上記保存的治療を選択しています。

ペルテス病

4~8歳の男児に発生します。病態は成人の大腿骨頭壊死症と同じです。大腿骨頭への血流障害が原因で壊死を引き起こす疾患です。ただし、成人の場合と異なり、壊死部の血流が再開し修復されます。発症年齢が低いほど短期間で、高年齢では修復に2~3年かかることもあります。治療法は発症年齢と病巣の範囲で決定されます。高年齢発症や壊死範囲が大きい場合は手術が選択されます。

先天性内反足

出生時に足部が内向きに変形していることで、発見されることが多い疾患です。徒手的に矯正し、ギプス固定で保持することにより、徐々に正常の形に戻していきます。徒手的に矯正されない変形が残存する場合は、手術を行います。

先天性筋性斜頚

頭が傾いていると指摘され発見されることが多い病気です。片側の首の筋肉が硬くなることが原因です。自然に改善することもあるので、経過観察をまず行いますが、改善傾向が無い場合は、手術を行います。

外来待合室はこども達が退屈しないように設計されています。

診察室にはおもちゃが配置され、靴を脱いでいただき、くつろいだ環境で診察が行われます。

 

1,乳児期(生後~1歳)

成人整形外科治療目標の多くは、患者さん自身が感じる痛みを除去し、円滑な日常生活動作を可能にする事です。ご本人の判断で受診されることがほとんどです。一方、乳児期の場合、痛みを伴わないが、動きがおかしい、左右で長さが違うように見えるなど、健診医やご両親の観察で発見されることが多いのが特徴です。自分でその症状を訴えることが出来ない乳児の診察には、整形外科医の技量、経験が大きく関わってきます。多くの一般整形外科でまず行われるエックス線検査も骨が十分にできていない乳児に関しては得られる情報が不十分で、エコーによる検査が決め手となることもあります。年齢が小さいほど、早期発見、診断、治療がより重要となってきます。その理由は、骨関節が発育途上である乳児期ほど手術以外の牽引、ギプス固定、理学療法、装具装着などの保存的治療で対応可能な場合が多いためです。

2,幼児期(1歳~6歳)

歩行を開始し、走りだす時期です。歩行が安定するまではよく転倒します。また、歩き方がおかしい、O脚にみえるなど、ご両親の心配事が増えるのもこの時期です。現在の状態が発育過程の個人差の範囲なのか、疾患が原因で発生しているのかは、整形外科医でも判断が難しい場合があります。ご両親の不安を取り除くため、当院では小児の診療経験豊富な整形外科医師が対応し、わかりやすい説明を心がけています。

3,学童期(7歳~12歳)、思春期(13歳~)

身長が驚異的に伸びる時期です。痛みが原因で受診する頻度が高い年齢です。俗に成長痛といわれる関節痛を経験するのもこの時期です。オスグッド病に代表される骨端症は成長のために必要な軟骨部分が損傷される発育期特有の病態です。義務教育の時期に該当しますので、治療にあたっては、通学方法、学校の構造(エレベータの有無)などを考慮する必要があります。

人的、物理的体制

当院は乳児、小児治療を円滑に行い、ご両親の不安、負担を少しでも軽減するために下記の体制が取られています。

1,整形外科医師

常勤3名、非常勤3名の体制です。小児整形外科関連学会に所属、定期的に学会に参加、最新情報を入手し、診療に反映させています。また、学会の評議員を担当し、長崎から日本の小児整形外科診療に貢献できるよう情報発信や後進の育成もおこなっています。外来診察室は普段の行動を観察しやすいようにバリアフリーですが、靴を脱いで入っていただく広い診察室におもちゃが配置されています。また、長期の入院治療が必要となる場合は当院に隣接する長崎県立諫早東特別支援学校へ通学しながらの治療が可能です。

2,理学療法士

常勤6名体制です。理学療法室も、同じ空間で多くの子供たちが訓練できるよう広々と設計されています。同じ世代の子供たちと一緒になってリハビリを行うことで主体的に機能改善を行うことができることも特徴です。

3,地域連携室地域支援班、育成班

常勤18名です。患者さんの居住地区との連携、小児治療に関わる助成を受けるための書類申請など、的確な助言を行うため、看護師、社会福祉、保健師、保育士の国家資格を有した人材で構成されています。

いずれの部署も熱意を持ったスタッフで充実しております。上記の部署のみならず小児科、他医療機関とも緊密な連携体制をとっております。

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー