長崎県

薬物乱用・依存のことでお悩みの方

個別相談

  • 覚せい剤や大麻の使用をやめたい、やめさせたい。
  • 処方薬や市販薬を規定よりも多く、繰り返して服用する。
  • 何度もやめよう、やめさせようと試みたができなかった。

このような悩みをお持ちの方からのご相談に応じます。

1.対象

薬物乱用や依存の状態にある方。または、その家族等

2.相談員

保健師、作業療法士、ケースワーカー、回復者カウンセラー(注)

3.電話による相談

電話:095-846-5115

月曜日から金曜日 午前 9時から午後5時45分まで (祝日、年末年始を除きます)

4.来所による相談

月曜日から金曜日 午前 9時から午後5時45分まで 〔予約制〕 (祝日、年末年始を除きます)

5.場所

長崎こども・女性・障害者支援センター

6.来所相談申し込み方法

電話でご相談内容を確認して、相談日を決定します。

(注)回復者カウンセラーとは、薬物依存から回復している方です。当センターでは、NPO法人ちゅーりっぷ会長崎ダルク(薬物依存症リハビリテーション施設)のスタッフが対応します。

  • セルフヘルプグループ、リハビリ施設に関する情報

セルフヘルプグループ(Self  Help Group)は「自助グループ」や「当事者グループ」などとも呼ばれ、当事者自身の体験や要求・願いを分かち合い、その実現に向けて自分たちが活動し、運営する組織のことです。

薬物依存症者と家族のためのグループ[PDFファイル/23KB] 

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー