長崎県

ギャンブル依存のことでお悩みの方

~誰かのギャンブルで悩んでいませんか~

ギャンブル依存症とは、ギャンブルにはまってしまい、借金を繰り返すなど自分自身の生活に支障をきたしてしまう病気です。

家族や親しい人々も本人のことで多くの問題を抱え、心身共に疲れ切ってしまうなど家族まで巻き込んでいきます・・・。

長崎こども・女性・障害者支援センターでは、ギャンブルの問題で悩んでいるご本人の「個別相談」、そしてご家族や知人の方を対象とした「個別相談」、「家族教室」を開催しております。

“一人で悩まずにお気軽にご参加ください。”

個別相談

  • ギャンブルをやめたいけど、やめられない。
  • 家族のギャンブルの問題で家族みんなが困っている。
  • 何度もやめよう、やめさせようと試みたができなかった。

このような悩みをお持ちの方の相談ができます。

1.対象

パチンコやスロットなどギャンブルの問題でお困りのご本人またはご家族など

2.相談員

保健師、作業療法士、ケースワーカー、依存症専門相談員

3.電話による相談

電話:095-846-5115

月曜日から金曜日:午前9時から午後5時45分まで(祝日、年末年始を除きます)

4.来所による相談

月曜日から金曜日:午前9時から午後5時45分まで〔予約制〕(祝日、年末年始を除きます)

5.場所

長崎こども・女性・障害者支援センター

SAT-G(島根ギャンブル障がい回復トレーニングプログラム)

【SAT-Gとは】:島根ギャンブル障がい回復トレーニングプログラム

  • ギャンブルにたよらない生活を取り戻すことを目指したプログラムです。
  • 学んだことを日常生活の中で実践に移していくことで、ギャンブルにたよらない生活の実現を目指します。 
  1. 対象者:①自身のギャンブルの楽しみ方を改めたいと願う方、②事前面接の結果、本プログラムを受けることが適当と認められた方
  2. 参加費:無料
  3. 場所:長崎こども・女性・障害者支援センター
  4. 内容:全5回のプログラムで、主に「自身のギャンブル問題の整理」「ギャンブル障がいの理解」「ギャンブルの再開防止に向けた具体的対処と今後への備え」をワークブックを用いて学びます。
  5. 備考:事前面接(予約制)が必要です。

 *どうしようか迷っている時は、まずはお気軽にご相談ください。お電話お待ちしております。

 問い合わせ先:精神保健福祉課 095-846-5115 

ギャンブル依存症家族教室

家族教室は、ギャンブル依存症という病気についての正しい知識や、本人への適切な対応方法を学ぶことを目的に開催します。

『平成31年度ギャンブル依存症家族教室』

1.対象者:パチンコやスロットなどギャンブルの問題でお困りのご家族または知人の方

2.参加費:無料(事前に電話でお申し込みください)

3.場所:長崎地区、佐世保・県北地区の2会場で開催(詳細チラシ参照)

4.時間:午後1時30分から午後3時30分まで

5.内容:3回1クールで実施(長崎地区)

1.「依存症とは?家族としての対応」

2.借金への対応について

3.当事者・家族からのメッセージ

家族教室チラシH31長崎県 家族教室ちらし[PDFファイル/219KB] 

問い合わせ先:長崎こども・女性・障害者支援センター(精神保健福祉課精神保健福祉班)/電話:095-846-5115

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー