長崎県

妊娠で悩んでいるあなたへ


2013年7月26日更新

妊娠がわかって、うれしい人、まだ実感のわかない人、出産するかどうか迷っている人がいるかもしれません。

このページは、妊娠で悩んでいる人のための妊娠相談Q&Aです。

  • まだ学生だから産めない・・・
  • 結婚できない・・・
  • 産んで育てたいけどお金がない・・・

ひとりで悩まないで、あなたと赤ちゃんのために一番いい方法を考えましょう。

相談窓口へお気軽にご相談ください。 → 相談窓口一覧

妊娠相談Q&A一覧

 Q1 妊娠したかもしれない。妊娠検査薬でも調べることができますか?

妊娠検査薬は、月経周期が28日でほぼ順調な人は月経予定日から一週間過ぎたころには陽性になります。

陽性の場合は必ず受診して医師の確定診断を受けてください。

ページのトップへ

Q2 妊娠の症状はどのようなものがありますか?

妊娠すると,女性のからだにはいろいろな変化が表れます。

  • 月経が遅れる
  • 基礎体温の高温期が3週間以上続く
  • つわりの症状がある
  • 乳房が張る、乳輪が黒ずむ、おりものが増える

妊娠のサインがあったら,病院(産婦人科)で検査を受けて妊娠かどうかを確認しましょう。

妊娠の診断のために,次のような検査が行われます。

  1. 尿検査
  2. 血液検査
  3. 超音波検査
  4. 内診         など

ページのトップへ

 Q3 お産の費用はどのくらいかかりますか?

分娩は帝王切開など妊娠・分娩中に特別な医療処置がなかった場合は、健康保険の対象外(自費診療)ですので、施設によって異なります。

一般的には、40万円から50万円ですが、分娩時間が休日・夜間であったり、個室など条件で費用が異なります。

妊娠・出産は病気ではないため、健康保険の対象外となりますが、自分が加入している健康保険から出産育児一時金(42万円)が支給されます。

42万円以上については、自己負担となります。

親の健康保険の被扶養者になっている人は、親の健康保険からもらえます。

手続きが必要です(手続きしないと支給されません)ので、加入している健康保険(医療保険証に「保険者の名称」として記載)に問い合わせてください。

ページのトップへ

Q4 出産費用がなく困っています。何か方法はありますか?

経済的理由で入院助産を受けることが困難な妊婦に対して助産を行う助産施設があります。

くわしくは、お住まいの福祉事務所へお問い合わせください。

対象者

  1. 生活保護を受給している方
  2. 市県民税が非課税の世帯で出産費用に困っている方
  3. やむを得ず特別な理由があり、福祉事務所がみとめる方

また、いのちを大切にする会など、円ブリオ基金によって、経済的理由等で出産をあきらめようとしている女性とお腹の赤ちゃんを支援している民間の団体もあります。

ページのトップへ

Q5 出産後、母子家庭となります。自立して生活をしていくために何か方法はありますか?

ひとり親家庭の母と子どもへの入所による援助を行い、自立促進のための生活を支援する母子生活支援施設があります。

くわしくは、お住まいの福祉事務所へお問い合わせください。

対象者

 児童(18歳未満)及びその保護者(配偶者のない女子又はこれに準ずる事情にある女子)が対象ですが、児童が満20歳に達するまで引き続き在所させることができます。

ページのトップへ

Q6 事情があり、育てることができません。何か方法はありますが?

実親との親子関係を抹消せずに新たな親子関係を創設する普通養子縁組や、養子の従前の親子・ 親族関係をすべて抹消し、養親の実子と同じ扱いになる特別養子縁組、保護者と一緒に生活することができない子どもを預かって育てる里親制度、乳児院があります。

ページのトップへ

Q7 緊急避妊薬について教えてください。

緊急避妊薬は、避妊しないでセックスが行われた72時間以内(3日以内)に服用しなければなりません。 

急を要する場合は、医療機関へ直接ご相談ください。

緊急避妊薬を処方している施設の検索(外部サイトへ移動します)

ページのトップへ

Q8 「緊急避妊ピル」を飲んだら必ず妊娠しないのですか?

緊急避妊ピルは妊娠を防止しますが、100%ではありません。正確に使用した場合でもおよそ2%に妊娠を防止できない場合があると言われています。

ページのトップへ

Q9 人口妊娠中絶はいつごろまでいいのですか。

人工妊娠中絶ができるのは、妊娠22週未満(妊娠6か月)までです。

妊娠初期(12週未満)と、それ以降とでは、母体に与える影響にも違いがあります。

月経が遅れ、「妊娠かな」と思ったときは、すでに妊娠4週から7週になっているケースがほとんどです。

人工妊娠中絶のこと

  1. 妊娠22週以降はできません
  2. 母体保護法指定医のもとでしか受けられません
  3. ふたりのサインと印鑑のある同意書が必要です
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
  1か月 2か月 3か月 4か月

5か月

6か月 7か月  
    初期中絶 中期中絶 これ以降は中絶できない

※人工妊娠中絶手術が22週未満まで可能といっても、時間がたつにつれて胎児は成長していき、身体への負担は非常に大きくなります。手術する場合はできるだけ早い時期にすることが望まれます。

ページのトップへ

Q10 人口妊娠中絶にはどのくらい費用がかかりますか?

人工妊娠中絶手術を実施しているかどうかは、各産科医療機関へお問い合わせ下さい。

  • 初期中絶(約10から15万円):外来、または2日前後の入院
  • 中期中絶(約20から40万円):入院は約1週間

人工的に陣痛を起こして産むことになるため、費用も出産と同じくらいかかります。他に役所に死産届け、埋葬許可などの手続きが必要になります。さらに、処置を受け入れていくれる医療機関が限られます。

ページのトップへ

このページの掲載元

  • こども家庭課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2442
  • ファクシミリ:095-825-6470
先頭に戻る

メニュー