長崎県

ノロウイルスによる食中毒を予防しましょう!


2017年12月1日更新
  • ノロウイルスによる食中毒は例年11月から3月ぐらいまでにかけて多く発生しています。
  • ノロウイルス食中毒の8割は調理従事者を介した食品の汚染が原因とされており、手洗いや就業前の健康状態の確認といった、調理従事者の衛生管理の徹底が予防対策として重要です。
  • 毎日の作業開始前に調理従事者の健康状態を確認しましょう。
  • 加熱調理する食品は、中心部まで十分加熱しましょう。
  • 調理施設に入る前、トイレの後などは必ず手を洗いましょう。
  • 調理器具は洗剤などで十分に洗浄し、熱湯で加熱するなどして消毒しましょう。
  • 外部リンク 厚生労働省 ノロウイルスに関するQ&A
  • 外部リンク 国立医薬品食品衛生研究所安全情報部 ノロウイルス関連情報

 

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー