長崎県

平成30年度 交通安全宣言文


2018年3月16日更新

宣言


 交通事故のない安全で住みよい郷土づくりは、私たち県民の心からの願いです。

 私たちは、交通事故の根絶を目指して、県民総参加のもと、交通安全運動等を推進していますが、昨年、県内では12年ぶりとなる、交通死亡事故多発警報を2度も発令するなど、交通死亡事故が増加

し47人の方が交通事故の犠牲になりました。

 なかでも交通事故死者の7割が、これまで社会に多大な貢献をされた高齢者の方々であり、誠に遺憾に思います。

 このような悲惨な交通事故をなくし、「交通事故のない安全で安心して暮らせる 長崎県」を実現するため、本日開催の「第51回長崎県交通安全推進県民協議会総会」を契機として、新たな決意の

もと、次のことを強力に推進することを誓います。

1 人命尊重の理念のもと、交通ルールを守り、常に思いやりと ゆずり合い の心を持った安全運転と正しい歩行の励行

1 交通安全の輪を広げ、子供、高齢者、障害者等交通弱者の保護

1 脇見・ぼんやり運転の防止

1 地域社会からの飲酒運転の根絶と違法・迷惑駐車の追放

1 後部座席を含めた全ての座席のシートベルト・チャイルドシートの正しい着用及び反射材用品の活用

1 夕暮れ時における早め点灯及び雨天・曇天時の点灯の励行

1 走行中の携帯電話使用の禁止

以上、宣言します。

平成30年2月19日

長崎県交通安全推進県民協議会

 

このページの掲載元

  • 交通・地域安全課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2341
  • ファクシミリ:095-895-2598
先頭に戻る

メニュー